人気ブログランキング |

やまりすがたべるもの

dasenkakc.exblog.jp
ブログトップ

2013年 10月 31日 ( 1 )

麺遊心

b0219835_14584896.jpg

b0219835_145944.jpg


こくまくくぅ「さて、衝撃のビッグニュースが二つ! なんと、麺遊心が、豚骨白湯 を始めちゃいました。これ、いわきラーメン史の大事件ですよねぇー。」
人形くくぅ「もう一つは移転、です。現店舗は、10月をもって終了です。つまり、今日が最終日なのです。移転先は、まあまあ近くですが、旧大黒屋跡地の結婚式場と、プラネタリウムの丸屋根が見える文化センターなどがある、国道6号の、平中町交差点を国道399方面へ入って、すぐです(↓下の写真参照)。いわゆる南レンガ通りです。11月の中頃には、用意出来次第、新店で始めたい、という、ご予定のようでした。楽しみですね。
こくまくくぅ「いやあ、やってしまいましたねえ、豚骨ラーメン。店主さんは、博多豚骨ラーメンに憧れて、自家製極細麺、ならびに、替え玉システム、を導入した旨を、店内の貼り紙等で述べていますけど、もう、麺、だけでなく、もろに、豚骨スープにもいっちゃいましたか。」
人形くくぅ「もともとからして、そんな、動機、成り行きの、極細麺だから、合っているんですよねえ、奇妙な、予定調和的な原点回帰のようにね、豚骨スープとね。待ってました、みたいな。
こくまくくぅ「手紙が宛先に着いた、みたいな。やはり、この店主さんの力量、創造力は、並ではない。うまい、です。なんと、これで、この、美麗なゴクウマ極細麺が替え玉可能なラーメンが、清湯×白湯、の取り合わせ、となった次第です。」
人形くくぅ「エキサイティング! これは、福島における、衝撃ニュースでしょう。
こくまくくぅ「関係ないかもしれないけど、結果的には、風の清湯×鶏白湯、に対峙しているような格好になったわけだ。いいことですなあ。競い合いの切磋琢磨で、充実のラインナップだ。ラーメン・ファンにとっては、うれしい限りだろう。」
人形くくぅ「ファンタスティック! ビッグシティいわきが、ラーメン・メガロポリスになった感じだ。
こくまくくぅ「かなり強力な、ハイレベルなラーメン磁場が、いわきに形成されつつある感じだ。清湯×白湯。」
人形くくぅ「なんでも、長時間ズンドウで煮だすので、店内が暑くなり過ぎてしまうために、豚骨白湯は限定でのスタートとなったようだけど、レギュラー化するといいなあ。
こくまくくぅ「豚骨スープには、和風の雰囲気もちょっとあって、実におもしろい本格的な豚骨味だ。いわき市役所前から引っ越す、わけだけど、実は、店主さんの修業先は、お蕎麦屋さんなので、その和風の技も生かされておもしろい感じなのだと思うけど、さらに実は、そのお蕎麦屋さんは、東京の三鷹市役所の真ん前にあり、われの実家の近くなのです。自転車で行ける距離だし、それに、そこで、何度も食べたことがある。市役所バス停の前なので、市役所への用事がてら利用し立ち寄ることも多い店なのだ。ひょっとして、麺遊心の店主さんがいらした時に行った可能性すらある。まあ、奇縁というほど、大げさなことでもない、単なる偶然だけど、世の中、狭いものです。」
人形くくぅ「で、その三鷹のあたりは、もう、多摩地区油そばの圏内、なので、それで、麺遊心も、油そばを始めたのかと思ったのだけど、そのころに、油そばを食べたことはない、とか。でも、ここの油そばはうまい。アゴ油使用の創作タイプの激ウマ油そば、だ。で、今日は、それを食べようか、と思ってたんだけど、なんと、豚骨がある、というので、それにした次第だ。

b0219835_1534967.jpg
b0219835_154051.jpg
b0219835_1541380.jpg
b0219835_1542310.jpg
とんこつラーメン(限定) 無料替え玉 700円

こくまくくぅ「これねえ、いいですよお。この店主さん、本当に、しみじみ、うまいもの、つくるなあ。独特の個性的な持ち味を持っていらっしゃる。」
人形くくぅ「清湯も、かなり独創的なんだけど、この豚骨も、独創的だ。すごいですよ、これ。
こくまくくぅ「派手など豚骨、という感じではない。でも、しっかり豚骨で、くどさや、臭みはない。そして、たぶん、の推測だけど、あご油が浮いているのかな。あるいは、あごだしも入っているか。ほんのりと、魚風味がある(たぶん)。だから、豚骨魚介なんだと思うんだけど。まあ、別の由来でそうなのかもしれないけど、その感じが、なんだか、絶妙にうまい。」
人形くくぅ「ふわっとあまい風味のスープで、ちょうどいい濃厚さで、何よりも、この極細麺に、超合っている。麺をおいしく食べさせるスープであり、スープをおいしく飲ませる麺だ。やはり、だし、うまみ、が上手なのだろう。塩味、甘味、酸味、苦味、うまみ、が、5大味要素、だけど、清湯も白湯も、このうまみ、の微妙さを活かしきっているラーメンだ。やはり、そば店のだし感覚の心得が活きて、効いているのだろう。他で知らない感触だ。
こくまくくぅ「見た目も、滋養の深そうな、なんともいい色合いだ。ここのラーメンは、見た目も本当に美しい。」
人形くくぅ「小皿でいただいたのは、ガーリック・チップ、そのオイル、紅ショウガだ。一杯目は、そのままいただいて、替え玉を入れた2杯目に、それらを投入した。いい。品のいいガーリック・オイルとあご油(たぶん)のやさしい出会いを想像してください。優雅な、魚のガーリック・オイル・ソテー、風味、といったところですよ。たまりませんなあ。
こくまくくぅ「ガーリック・チップがさあ、手作り感満載の、厚切りのふかふかした食感で、これが、やさしい香りで、すごくうまい。強すぎないいい味だ。ガーリック・チップって、好きなんだけど、苦いことが多いんだよねえ。これは、食べても、邪魔にならない、計算された、穏やかな味わいだ。」
人形くくぅ「ごくごく淡い風合いの、マー油入り豚骨、という感じだ。マー油、って、新宿の桂花ラーメンが、開発し、命名した、んだってね。魔法の油、って意味らしい。桂花ラーメン、はじめて食べた時、ぶっ飛んだ、なあ。衝撃なんてもんじゃあない。初めて食べた、本格ど豚骨だった。なんだ、この、食べ物は! って感じ。あの、マー油の風味、似たようなもの、知らないもんねえ。
こくまくくぅ「超洗練されたガーリック風味ですなあ。穏やかないわきの午後、に、ふさわしい。とある日、こんな香り・・・。」
人形くくぅ「紅ショウガは、実は、ラーメンに入れるのは、あまり好きではなくて、博多豚骨でも、たいていは入れない。味的にも、色的にも、白いスープがピンク色に染まるのが嫌なんだなあ。で、今日も、別皿でもらって、スープにその味や色が影響しないようにしたんだけど、何だか、今日は、紅ショウガうまいなあ。麺と一緒に食べるとうまい。やっと博多魂がわかってきたのか?
こくまくくぅ「大阪では、テレビで見たけど、紅ショウガが大好き、らしくて、牛丼とかに、紅ショウガを、これでもかって、えげつないほど入れるようだ。味的にも、節度的にも、ちょっと、信じられない量だ。こぶし大くらい。マジかっ! きらいじゃないけど、やり過ぎだろ。あれ、たぶん、ヘビスモだよ。舌がイカレてるんだろ。」
人形くくぅ「しかし、この豚骨は、新境地だ。この店主さんの手にかかると、本当に、遊び心が豊かで楽しい。楽しくて、うまい。粋人だね。

b0219835_1555483.jpg
b0219835_156985.jpg
麺遊心ラーメン 700円

こくまくくぅ「なんだか、白湯との組み合わせで、こちらのあごだし清湯も、比較的な相乗効果的に、やたら、ウマさ倍増かも。醤油のあま~い風味が、もはや郷愁をそそるようだ。しみじみうまい、いい味だよねえ。」
人形くくぅ「やり過ぎなところがない。節度ある、引き締まったうまさだ。輪郭がシャープで鮮明だ。コンセプトがはっきりしている。明快な味だ。だれないし、ぶれないなあ。
こくまくくぅ「季節でいろいろマイナーな変化をつけたりもしているようなんだけど、いつ食べても、一定にウマいところを、キープしているので、安心しきれる。」
人形くくぅ「いつも通りにおいしい。こりゃあ、風と、好対決だ。どっちも高い水準でいいなあ。
こくまくくぅ「あえて、比較的にいえば、麺遊心は雅趣に富んでいる。風は、コモンセンスそのもの、という感じだ。この替え玉の遊び心を、わがものにしている、スープ作りのうまさ、なんか、すごいよね。替え玉してうまい、清湯スープ作れている店なんて、そうそうないだろう。奇形的な、突然変異的な、天才業だ。」
人形くくぅ「それも、派手派手しい、騒々しい、これ見よがしの外連味なところは微塵もない。
こくまくくぅ「むしろ、自然なんだよね。無為自然な感じ。人為的な人工的なあざとさがない。」
人形くくぅ「やはり、この、自然素材の妙味の活かし方が効いている、からだろう。醤油の味、だしの味、油の味、そして、このなんともあまい小麦粉の香味。自家製麺ならではの、傑出した、ガツンとうまい麺風味だ。創作って、これ、だろう。これぞ、ニュー・ジェネレーション、だろう。
こくまくくぅ「さて、今日で、この店舗とも、お別れです。ほんわかした、いいお店、でしたよね。ありがとうございました。次はどんな、なんでしょうか、楽しみです。」

b0219835_1565220.jpg
こくまくくぅ人形「お店のそばの、遊歩道。お気づきの通り、この長い小道を、ずうっと歩いていけば、風、にも行けるのだ。おもいろいでしょ。移転先からも、この遊歩道は近い。」
b0219835_157414.jpg
b0219835_1572123.jpg
b0219835_1574133.jpg
b0219835_1575522.jpg



b0219835_1581475.jpg
こくまくくぅ人形「店主さんに場所を教えていただいた、ので、何気に、通ったら、あったのであります。地元の人は、風景で、すぐわかるはず。」


b0219835_16165972.jpg

by dasenkadasenka | 2013-10-31 18:49 | いわき市