やまりすがたべるもの

dasenkakc.exblog.jp
ブログトップ

2011年 12月 24日 ( 1 )

らーめん えるびす

住所 茨城県水戸市千波町2806 市毛アパート 1F
電話 029-241-7242
営業時間 11:00 ~ 15:00/17:00 ~ 22:00
定休日 第2・第3月曜日
P あり
喫煙可
http://ibanavi.net/shop/2662/


えるびすの前で佇んで、りすろうが待っている。すると、空の彼方から、おんぶがえるが、泳ぎながら飛んでやってきて、だんだんと近づいてくる。

りすろう「おーい、ここだよ、ここ、ここ。・・・やや、おんぶがえるの背中のくぼみにはまっている、小がえる×4のからだが、まばゆく発光して点滅し始めた。・・・あれ!? それに、いつの間にか、おんぶがえるの背中に、小りす×4が、乗っている。小がえる×4の発光に足元から照らし出されて、おんぶがえるの背中に立っている小りすたちのライトアップされた立ち姿が浮かび上がっている。どうも姿が見えない、と思ったら、あんなところにいたのか。・・・おや、近づいてきたら、いつものように、おんぶがえる一行の、騒々しい、へんてこな歌声が聞こえてきたぞ。」
おんぶがえる「じんぐるぐえーる、じんぐるぐえーる、ららららら・・・」
小がえる1「のえる、ぐえる。のえる、ぐえる。
小がえる2「のえる、ぐえる。のえる、ぐえる。
小がえる3「のえる、ぐえる。のえる、ぐえる。
小がえる4「のえる、ぐえる。のえる、ぐえる。
りすろう「ははあ、クリスマスソング、か。となかい、ならぬ、おんぶがえる、か。」
小りす1「らめんくりすます!
小りす2「らめんくりすます!
小りす3「らめんくりすます!
小りす4「こう、こう!
りすろう「ちぇ、小りすたちまで、調子にのっている。」

b0219835_1712372.jpg


りすろう「・・・ああ、やっと、おんぶがえる一行が降りてきた。」
おんぶがえる「やあ、お待たせいたしましたあ! さんたくりすろうさん。メリークリスマス!」
りすろう「なんだ、そんな名前じゃないやい。」
小がえる1「のえる、ぐえーる。
小がえる2「のえる、ぐえーる。
小がえる3「のえる、ぐえーる。
小がえる4「のえる、ぐえーる。
小りす1「らめん!
小りす2「らめん!
小りす3「らめん!
小りす4「こう!

b0219835_17225472.jpg
b0219835_17232338.jpg
ぺペロンチーメン750円

おんぶがえる「いやあ、クリスマスにうってつけのラーメンですなあ。へへへ。」
りすろう「赤と緑でクリスマス色だ。」
小がえる1「のえる、ぐえーる。
小がえる2「のえる、ぐえーる。
小がえる3「のえる、ぐえーる。
小がえる4「のえる、ぐえーる。
小りす1「らめん!
小りす2「らめん!
小りす3「らめん!
小りす4「こう!
りすろう「はいはい、わかりました。さあ、いただきましょう。」
おんぶがえる「それにしても、興奮するような、見事な見栄えだなあ。」
りすろう「見た目だけでも、おしゃれで、粋だ。無数の赤唐辛子の輪っかが、強烈なインパクトだ。」
おんぶがえる「刺激的なビジュアルで、よだれが出てくる。」
りすろう「ああ、味もいい! それに、かなり辛いぞ! おちびちゃんたち、むせないように気をつけて食べるんだよ。」
小りす1「辛い、辛い。
小りす2「ひは、ひは。
小りす3「辛い、辛い。
小りす4「こう、こう。
小がえる1「ぐえっ、ぐえっ。
小がえる2「ぐえっ、ぐえっ。
小がえる3「ぐえっ、ぐえっ。
小がえる4「ぐえっ、ぐえっ。
おんぶがえる「ステキな辛味だ。これぞ、クリスマス!」
りすろう「そうかなあ。いやあ、しかし、大人の味だなあ。すご腕の料理人では?」
おんぶがえる「確かにね。とても冴えのある、よくできた料理だ。」
りすろう「盛りつけもかわいいし。ここは、どれも、盛りつけがかわいくて、いいよねえ。」
おんぶがえる「どれも、コンパクトにまとまった、きれいなビジュアルだ。」
りすろう「来店のたびに、この店は、ますます、すごいなあ、と思うよ。」
おんぶがえる「新メニューのたびに、テンションあがるなあ。」
りすろう「この赤い光景は、壮観だけど、たくさん浮いているこの赤い輪っか自体は、それほど辛くない。この油がすごく辛い。」
おんぶがえる「ニンニクのみじん切りと赤唐辛子の輪っかを炒めた油なのかなあ。ペペロンチーノだからねえ。」
りすろう「この唐辛子油と、その下の塩味のスープのコンビネーションが、なんとも絶妙で、うまい。ペペロンチーノって、簡単な料理だけど、シンプルな材料、調理法ながら、絶妙な、いい味と香りを出すのは、すごくむずかしいんだよね。これは、かなり、いけてるなあ。」
おんぶがえる「揚げたニンニク片の香りも効いている。運ばれてきた時に、最初に匂ってくるのは、その香ばしい香りだ。」
りすろう「揚げニンニクの香りが、アプローチとなって、食欲をそそる。まさに、イタリアンだ。」
おんぶがえる「こういう、シンプルで、刺激的で、うまいもの、って最高の料理だなあ。」
りすろう「このフランスパンが、とってつけたような飾り、ではなくて、油とスープを吸って実にうまい。イタリアンの王道だ。」
おんぶがえる「でも、スープは、タイ風のような、エスニックな風味でもある。おもしろい、エキゾチックな、無国籍的な感覚だ。」
りすろう「細麺もよく合っているし、芳醇な、しゃれた味わいだなあ。」
おんぶがえる「精度が高く、やりきっている感がある。これ、どこでも、通用するんじゃあないかなね。」
りすろう「青梗菜もが、うまい。」

b0219835_1757559.jpg

b0219835_17565920.jpg
スタミナラーメン650円

りすろう「いやはや、これも、見た目、コンパクトで、かわいくて、きれいだな。」
おんぶがえる「実は、スタミナデビュー、なんだよね。」
りすろう「初体験の前に、大進で、ちょっと、あんかけの予行演習をしておいたんだけどね。」
おんぶがえる「思いのほか、品のいい味で、うまいなあ。」
りすろう「名物だけのことはある。けっこう立派な料理だ。」
おんぶがえる「野菜がうまいし、とりわけ、小さくサイコロ状に切った、カボチャや鶏レバーなどが、かわいくて、おいしい。レバーは、くせはまったくなくて、食べやすい。」
りすろう「これ、カボチャははずせないね。レバーは、チョコレートみたいにとろける感じだね。」
おんぶがえる「ピリ辛の醤油餡の香ばしい旨味が決め手だ。嫌いな人いないんじゃあないかなあ。」
りすろう「太麺もうまいし、餡と絡んで、文句ない楽しさだ。」
おんぶがえる「たしかに、くせになるかもね。」
りすろう「あんかけラーメンとか、中華料理的なものへの雪崩れは、抑えたいんだけどね。」
おんぶがえる「魅惑的な誘惑だ。」
りすろう「悩ましい、豊饒なグレーゾーンだ。」

b0219835_18163475.jpg


おんぶがえる「おちびちゃんたち、口のまわりがべたべただよ。」
りすろう「たらふく食べたようだね。」

小りす1「うまかった。
小りす2「うまかった。
小りす3「うまかった。
小りす4「こう。

小がえる1「ごちそうさまでした。
小がえる2「ごちそうさまでした。
小がえる3「ごちそうさまでした。
小がえる4「ごちそうさまでした。



(メリークリスマス、ミスターえるびす)
[PR]
by dasenkadasenka | 2011-12-24 18:33 | 水戸市