やまりすがたべるもの

dasenkakc.exblog.jp
ブログトップ

2011年 09月 30日 ( 1 )

日の出家

住所 福島県郡山市富久山町久保田太郎殿前2-8
電話 024-956-9030
営業時間 11:30~23:00
定休日 年中無休
P 共有(すごくあります よりどり)
禁煙
http://www.sarvas.co.jp/


ぎいどり「午後3時のラーメンだ。」
ひよんどり「そうだね、ぎい兄さん。」
ぎいどり「なぜかこんな中途半端な時間になったけれど、ここは、通し営業だから、助かる。」
ひよんどり「そうだね、ぎい兄さん。だから、ここには、このくらいの午後遅い時間に来ることも多い。やっと、店長瞳さんからのメールを使う日が来たね・・・。ぎい兄さんの分は、クーポン割引で、500円だよ。」
ぎいどり「そうかい、へへ、得した。」

b0219835_17174646.jpg


ぎいどり「でも、この時間帯、好きなんだ。お客さんもあまりいない店内に、午後の傾いた光が差し込んでいる感じ・・・」
ひよんどり「そうだね、ぎい兄さん。この店内は大きな窓に囲まれているから、外がよく見えて気持ちいい。」
ぎいどり「この外の、店の周囲の空間が、また、だだっ広くて、気持ちいいなあ。この、店内のデザインコンセプトが、また、いいんだよね。しっくりする、というか、ちょっと郷愁をそそられる、というか・・・さ。」
ひよんどり「昭和生まれだからね、ぎい兄さんは。」
ぎいどり「おまえだって、そうだろ。横殴りの光に、アンティークな調度が映えている。窓の外の広い空間、道行く車・・・。」
ひよんどり「そうだね、ぎい兄さん。少し、うっとりするね。」

b0219835_17202218.jpg

b0219835_17211252.jpg

こってり中華 極太麺 750円(携帯クーポンで500円)

ぎいどり「さて、この、こってり中華、だけど、まあ、とにかく、これは、傑作、だな。」
ひよんどり「そうだね、ぎい兄さん。傑作と言うべき代物だ。」
ぎいどり「なんといっても、まず、この極太麺が、たまらないよ。」
ひよんどり「そうだね、ぎい兄さん。最近は、極太麺はよくあってありふれてえいるけど、これは、ちょっと異色で、独得の味だし、すごい歯応えだけど・・・、」
ぎいどり「個性的で、うまいね。超重量級戦車軍団だ。」
ひよんどり「ちょっと、すいとんみたいで、やっぱり、郷愁をそそるような。」
ぎいどり「ある意味、食べにくい感じもあるかもしれないけど、このさ、なんか、まわりが、ねちねちしている感じ、ああ、たまらねえ。」
ひよんどり「ちょっと黄色っぽい色もたまんねえ。」
ぎいどり「そして、この多めの浮き脂が、極太麺に合って、うまい、んだけれど、おれは歳だから、いつも、脂の量は半分にしてもらうんだ。」
ひよんどり「そうだね、ぎい兄さん。半分でも、けっこうな量なんだよね。」
ぎいどり「そして、この濃いめの醤油スープ、とにかく、この極太麺を引き立てるためのものだろう。」
ひよんどり「甘からいような、醤油味と脂が、極太麺によく合う、ちょっと、燕三条も思い出させるような感じでもある。それに、ひき肉と玉ねぎの味も効いていてうまい。」
ぎいどり「そうだ、ひき肉と玉ねぎのみじん切りが、また、いいんだなあ。」
ひよんどり「やっぱり、なんか、郷愁をそそるなあ。」
ぎいどり「薬味に玉ねぎのみじん切りを使うところは、八王子ラーメンを思い出させる。昔、よく食べたなあ。」
ひよんどり「そうだね、ぎい兄さん。八王子ラーメンも、濃い醤油味に、たっぷりラードに玉ねぎの組み合わせが、特徴だ。たいていの八王子ラーメンの店は回ったよね。」
ぎいどり「それで、この極太麺が、食べ終わってなくなってからさ、スープのそこに沈んでいる、麺のかけらとひき肉と玉ねぎの混ざった、しょりしょりしたやつを、レンゲで掬っていただくのがまた、最後の楽しみなんだなあ・・・」
ひよんどり「そうそう、たまんねえな。」
ぎいどり「まあ、ちょっとした、楽しみだ。」
ひよんどり「理屈抜きで、傑作だね、ぎい兄さん。」

b0219835_17343213.jpg

b0219835_17353088.jpg

特製中華 秋刀魚 700円


ぎいどり「特製ラーメンは、海老と煮干しはいただいたことはあるけど、秋刀魚は、初めてだ。」
ひよんどり「そうだね、ぎい兄さん。なんか、これが、一番、いいかなあ。」
ぎいどり「そうだね、この、秋刀魚節かなあ、品のいい味で、鰹節よりも、さっぱりしていて、軽い魚風味でうまいな。」
ひよんどり「ゆずの香りも効いていて、おつだし、季節感も合っている。そして、この、麩と具なしのワンタン。やっぱり、郷愁をそそりますね。」
ぎいどり「そうだな。なんか、おもしろいな。おれは、麺がもうちょっと違うといいんだけど。」
ひよんどり「ぎい兄さんは、しこしこしたような歯応えのあるのが好きだからね。これは、ちょっと柔らかい感じの麺だ。ぼくは、これでいいけど。ぎい兄さんは、なんにしても、こってり中華極太麺にはまってるからね。」
ぎいどり「いやあ、ひさしぶりにいだいて、満足、満足。」
ひよんどり「よかったね、ぎい兄さん。午後3時の満足だね。」
ぎいどり「午後3時半の至福だ・・・。」

b0219835_17481595.jpg



(ひよんどりの兄 ぎいどり)

b0219835_17494988.jpg

[PR]
by dasenkadasenka | 2011-09-30 18:11 | 郡山市