やまりすがたべるもの

dasenkakc.exblog.jp
ブログトップ

らーめん えるびす  P系の衝撃  王を殺したジャコバン主義の恐怖政治の行方

こくまくくぅ人形「えるびすの裏庭の大きな木の上の方に、今はもう使われていないのだろう鳥の巣がありましたよ。見つかるかな?」
b0219835_11584342.jpg
b0219835_1214470.jpg
住所 茨城県水戸市千波町2806
電話番号 029-241-7242
営業時間 11:00-15:00/17:30-22:30
定休日 第2、第3月曜日
喫煙 可
b0219835_121885.jpg
こくまくくぅ「いやあ、少し間が空いた。ここのところ、ずっと、えるびすに来たかったんだけど、というか、パンチやスタミナなどをすごく食べたかったんだけど、一直と喜元門に行くのも忙しい。」
人形くくぅ「マスターに聞こえますよ。
こくまくくぅ「どこへ行くか、気持ちが千千に乱れるよ。」
人形くくぅ「ちょっと、やみつき中毒になるからね。
こくまくくぅ「いっそ、もう、3連食するか、くらいに思うけど、心配妖怪が、心の中で、だいじょーぶなのかぁ~と叫ぶのさ。」
人形くくぅ「もう歳だから。
パンチ えびす「ご自愛ください。
b0219835_956177.jpg

こくまくくぅ「あれ、なんか、後ろのテーブル席に一人で座っている子供が、背中越しに、何か言ったぞ!」
パンチ えびす「ご無理はなさらない方が・・・
人形くくぅ「あ、こちらに向き直って、われらのテーブル席に座り直した。胡散臭そうな子供だ。君の席はここじゃないぞ。
パンチ えびす「いえ、おかまいなく。おじゃましますよ。
こくまくくぅ「おじゃましなくてもいいんですけど。誰なんだ?」
パンチ えびす「ま、そう言わずに。私、パンチえびす、と申します。よろしく。
人形くくぅ「胡乱な子供だなあ。名前も変だ。
パンチ えびす「解決不能の問題の解決策を知っていますか?
こくまくくぅ「え?」
パンチ えびす「それを、解決不能の問題として、定式化しなおすこと、です。
人形くくぅ「何を言ってるんだ?
こくまくくぅ「ふむ。それで・・・」
パンチ えびす「何千年もの間、解決不能ならば、その対象は、そういう性格のもの、として位置付ければいいわけです。
人形くくぅ「なるほど。君、難しいこと言うね。
パンチ えびす「ある立場に固執して、対象を規定しようとしている、その立場そのものが、答えなわけです。
こくまくくぅ「月を指さすブルース・リーみたいだ。」
人形くくぅ「問題化の場所をずらせばいいわけだ。
パンチ えびす「たとえば、普遍性の場所が、空白のまま、なら、普遍性は空白、という定義になるわけです。
こくまくくぅ「何かがあると思い込んでいるけど、思い込みがあるだけで、よく考えてみれば、実質的には、空っぽ、ということか。」
パンチ えびす「普遍性の場所は空白のまま、なので、王を殺したジャコバン主義の恐怖政治のように、空位になった中心権力の場所を占めようとする者は、誰であれ、僭称者、横領者、として、糾弾されることになります。
人形くくぅ「なるほど。普遍性の場所を占める者は、いずれも、普遍性とは程遠い、経験的な偶然性の刻印を帯びた者にすぎない、と。
こくまくくぅ「結局、民主主義もそういうことだ。」
パンチ えびす「その通り。結局、革命は、永久に革命になるということです。民主主義も革命の延長にある、わけですからね。
人形くくぅ「民主主義は、中心権力の独占を許さない、というのが定義だ。
こくまくくぅ「民主主義的な中心権力の場所を占めると自称する者は、独裁者として、その座から追放される。」
パンチ えびす「よろしい。20世紀は、この空白の場所に、民衆を代入して、大衆主義的な、反権威、を標榜してきたわけです。が、理屈からすれば、大衆主義も絶対化されることはない。
人形くくぅ「居座れない。絶対は、例外なく相対化されるわけだ。
パンチ えびす「王(権威)を殺した革命は、例外を認めないので、絶えず中心は更新されることになります。
こくまくくぅ「なるほど、確かに、絶えず革命状況なので、古い権威は、常に、新しいものに取って代わられている。」
人形くくぅ「民主主義は変化が常態だ。日常生活でも、何何革命、としょっちゅう言われる。
パンチ えびす「つまり、中心の空白は、いつでも、かりそめの代理人によって埋められるだけ、です。普遍性は仮面、なのです。
こくまくくぅ「仮面としても、じゃあ、どうやって、あるかないかわからない普遍性を求めればいいのだ?」
パンチ えびす「こうした、不断の革命の過程そのもの、を引き起こしているもの、こそが、普遍性である、ということになるわけです。
人形くくぅ「なるほど。
こくまくくぅ「その原動力は?」
パンチ えびす「嫌悪感、です。直感的な不快感、としか言いようがありません。
人形くくぅ「普遍性の、実体的な規定も基準もない、わけだからね。なんとなくの感覚でしかない。
こくまくくぅ「インスピレーション、だけがたより、ということか。」
パンチ えびす「現に、そうして、歴史は動いているわけです。なにしろ、普遍性と言いますが、それを具体的に見たことある者などいないわけです。
人形くくぅ「盲目の手探りか。確かに、体制そのものを変える革命には、あらかじめ正当化される根拠、などないわけだし。世の中がひっくり返るわけだから。
パンチ えびす「暗闇の跳躍です。だから、間違いも多い。選択にあたって、迷いがあれば、よくない、と言うしかない。
こくまくくぅ「迷いがあるときは、悪い時、か。」
人形くくぅ「正しい選択、も常に、空白を埋める仮面にすぎない。・・・仮面? あ、そうか、わかったぞ!
こくまくくぅ「あ、そうか、答えは仮面なのだな! この鼻持ちならない生意気な子供は、仮面だ!」
パンチ えびす「わかりましたか・・・
人形くくぅ「また、騙された。あ、やっぱり! 子供がお面をはずしているぞ!
こくまくくぅ「お面の下は・・・、ミニくくぅだ! なーんだ、気づかなかったよ、ははははは。」
人形くくぅ「すっかり玉冴えたよ。ははははは。
b0219835_1546676.gif


b0219835_1235397.jpg


b0219835_1242644.jpg
b0219835_1245692.jpg
パンチラーメン 750円

こくまくくぅ「パンチラーメン。今や、J系をほとんど食べに行かなくなった、のに、このJ系ばかりは食べている!」
人形くくぅ「ということは、これを食べているので、他はいいや、ということか。
こくまくくぅ「何か、根本的にひっくり返ったような。このパンチから、オセロゲームのように、白黒が逆転してしまったというか。」
人形くくぅ「地図が塗り替わる。
こくまくくぅ「これ、もう、別に、J系でなくて、積極的な自己主張としてもいい、力がある。これは、J系でなく、P系としよう!(笑)」
人形くくぅ「J系からは独立しました(笑)。
こくまくくぅ「これからは独り歩きです。これ自体、で、独自にうまい、からね。比較分類する必要がない。」
人形くくぅ「ま、ずっと、そう思ってましたけどね。
こくまくくぅ「まあ、若いときは好奇心であちこち行くけど、歳とってきたら、決め打ちになるな(笑)。」
人形くくぅ「もう、まずいの食べたくない(笑)。我慢が効かなくなる。
こくまくくぅ「上手い店がだいたい決まっちゃう。察しがついて、高が知れているのも、なんとなくわかってくる。若いときは、それでも、先入観もまちがえているかもしれないし、認識として、確認作業を怠らない我武者羅さがある、んだけど、よく考えたら、評論家なわけでもないし、好きなものだけ食べればいい、という考えが勝ってきた。」
人形くくぅ「それに、うまい店の掘り下げも忙しい(笑)。100軒違う店に行くよりも、同じ店に100回行く方にシフトしてきた。
こくまくくぅ「これは、P系です。ラーメンだけど、P系という独自の食べ物です。」
人形くくぅ「まず、背脂がうまいし、独特のニンニク醤油スープがうまい! さらに、それらが連動していることは言うまでもない。
こくまくくぅ「そして、麺よし、モヤシよし、チャーシューよし、で魅力を爆発させる、んだけど、とりわけ、この激ウマのバラロール・チャーシューのぶつ切りは、イカシテいる要中の要だ。これ、いくら食べてもうまい。(餃子はスペシャルです。本来ありません。)」
人形くくぅ「ここのチャーシューは、くどくないから、何度でも、いくつでも食べられる優れものだ。これはこれで、かなり独特のうまさなので、二郎はもちろん激ウマで大好きだけど、比較は必要がない。
こくまくくぅ「別物、で十分だ。J系はJのオーラに頼っているけど、これは、独立です。うまいものをつくったよ。」
人形くくぅ「味的に優れているんだよね。Jとの比較でどうこうではない。
こくまくくぅ「ラーメンは、シンプルな食べもので、そう多くない要素の組み合わせから成り立っている。なので、たいていの店は似たり寄ったりの味だ。冴えのある店はどこが違うのか。結局、詰め、があるかどうか、なのだろう。」
人形くくぅ「詰め、の選択肢がいくつもある。そのつど、うまくやりぬけること、だろう。迷いがある、のに、妥協すると、そこで、たぶん、アウトになる。細かい分岐点の所作で、大きな差、ズレになる。この徹底性だろうなあ、差が出るのは。
こくまくくぅ「吟味の、集中力と勘(インスピレーション)だよね。うまいもの、は未来の空白だ。どうやって辿り着くか、明確な道はない。」
人形くくぅ「職人すべてに通じることだろう。
こくまくくぅ「まあ、通常、普通にうまいものをつくる、くらいで満足しちゃう、のだろうけど、およそ店たるものは、うまいのは、ただの前提だ。」
人形くくぅ「どの店だって、うまい。
こくまくくぅ「その上、だから、たいへんなのだ。しかも、それは、降りてくるかどうかの領域だ。王道は、ただのうまい、だ。」
人形くくぅ「毎日、懇願しなければならない。一念、岩をも通す、だ。

b0219835_1253696.jpg

b0219835_126347.jpg
スタミナラーメンホット 700円

こくまくくぅ「スタミナ。S系です(笑)。S系の他店に行ったことはないけど、ここが一番です(笑)。怠惰で申し訳ありません。」
人形くくぅ「ここで食べているので他はいいや、と。S系は、ラーメンにあらず、S系という食べ物です。
こくまくくぅ「やはり、ホットはうまい。でもこれ、けっこうなところ、醤油ラーメンの傑作だ。まあ、食べたことない人は、想像しない方がいい。どうせ、何か、中華料理系の、あんかけものの類、だろう、と誰もが予測するはずだ。さにあらず!(笑)」
人形くくぅ「自分が過去に食べたことのあるあんかけものラーメンの何とも似ていない! 想像は裏切られる!!!
こくまくくぅ「別物。勉強不足だけど、たぶんね。他に知らない、激越なうまさだ。もちろん、ここの話だ。S系の他店の保証はできない。」
人形くくぅ「きっとおいしいんですよ、他店も。
こくまくくぅ「まあ、強烈過ぎる、むきだしのうまさだ。スープと餡の融合していくうまさは、骨太の激ウマの甘辛醤油味だ。しかし、強さだけではない。レバーや野菜の角切りの織りなす繊細な味のハーモニーは精緻だ。」
人形くくぅ「彩りもいい。宝石箱だ。
こくまくくぅ「豪快でセンシティブ。大胆かつ繊細。理想的だ。下手な店というのは、結局、小心翼翼かつ粗雑、なのだ。性格というかね、こまごまと、こまかいくせに、杜撰な人っている。まあ、モノづくりはあきらめた方がいいわけだ。」
人形くくぅ「ちまちまと小さいことにとらわれるけど、乱雑な人。まあ、他に向いたものがあるはずだから、それでいいのだろう。様々な性格は、多様な適応能力だから。
こくまくくぅ「まあ、自分のことですが、こまごまと店をまわらない、での、大胆な放言、慎むべきでしょうね(笑)。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こくまくくぅ人形「水戸の名所、弘道館へ、行ってきましたよ。その様子は次回!」
b0219835_12295377.jpg

b0219835_1232988.jpg

[PR]
by dasenkadasenka | 2014-04-04 18:23 | 水戸市