やまりすがたべるもの

dasenkakc.exblog.jp
ブログトップ

花心凪(かこな)  自由 平等 友愛  自由って何?

こくまくくぅ「今年、夏に生まれた、ねんどろいどたちは、はじめて見る雪に興味津々。どんなふうに、見えたかな?」
b0219835_15132389.jpg
b0219835_15133670.jpg
b0219835_15134750.jpg

住所:白河市勝多石30-1
TEL:0248-28-3340
営業時間:平日 11:00~15:00/17:00~20:00/土日祝 11:00~20:00
定休日:第2、第4火曜日
P:あり
禁煙
b0219835_15154941.jpg


こくまくくぅ「フランスの三色旗は、自由、平等、友愛、を国の理念としてあらわしている。」
人形くくぅ「フランス革命で勝ち取ったものだ。
こくまくくぅ「これは、活動や行動の自由、国家による分配の平等、相互扶助の友愛、ということだ。」
人形くくぅ「友愛は、今の日本では、絆、というところだ。
こくまくくぅ「この三つは、切り離せず、相互に依存し合いながら、国家を統合する、ということだ。このうち、人為的になすことが難しいのが、自由、という謎だ。」
人形くくぅ「もちろん、自由な主体性であり、近代的な理想的主体(市民)、なわけだ。
こくまくくぅ「自由は、真には実現できない。そもそも自由は、この世に存在しない。」
人形くくぅ「すべてが因果連鎖である、なら、いかなる行動も、無数の原因によってあらかじめ縛られている、からだ。自由な選択と思っても、錯覚にすぎない。
こくまくくぅ「あらゆる意識的な思考は、すでに自らの特定の利害、特殊な関心に基づいている。そうした偏った動機を動因として色づけされている。」
人形くくぅ「だからこそ、主体化は空虚でなければならない。
こくまくくぅ「真の自由は、自然の諸衝動から、完全に離れたもの、だからだ。」
人形くくぅ「動物性からの解放だ。そうでなければ、単に、動物のままでいいはずなのだ。
こくまくくぅ「つまり、自然の、永遠の循環運動がつくり出す複雑なネットワーク(因果連鎖)は、われわれの自由を制限する、ものであり、われわれの行動範囲を、あらかじめ規定し、限定する、のだ。」
人形くくぅ「そのため、自由の次元が生起するのは不可能に近い。なのに、なぜ、それが主題化されるのか? だ。
こくまくくぅ「厳密には、自由に行動することはできない。しかし、自由などありえないのに、それが存在するかのように、われわれは、振る舞うのである。それはなぜか。」
人形くくぅ「主体化という特異な逸脱(狂気)が生じているからだ。
こくまくくぅ「人は、不断に、主体化-自由を求めている。が、そこに到達しはしない、というわけだ。」
人形くくぅ「自由とは、理想、だ。自主的な選択を望む。
こくまくくぅ「自由とは、不思議なことに、ある意味、絶対命令であり、われわれは、理想のレベルでは、自由な選択、という見かけ、を欲しがる。」
人形くくぅ「自由に行動せよ、というパラドクス的な命令に従うわけだ。
こくまくくぅ「人がこのことから、権威(主人)の命令に従うことが、理解できる。およそ権威(主人)とは、自由を可能にしてくれる、保証してくれる、もの、だからだ。」
人形くくぅ「要するに、権威の後ろ盾となる、究極の主人とは、神、のことだ。この世で、われわれは、不自由だけれど、神こそは、われわれを自由にしてくれるだろう、と。
こくまくくぅ「主人の命令の不在は、逆に、むしろ、閉塞感になる。」
人形くくぅ「不可避的な神を、自由に選択する、という、パラドクスだ。
こくまくくぅ「究極の主人たる神は、空想的な代補であり、完全な自由の、空想的な保証人、たる神を設けることによって、実際には、不自由な現実を凌ぐ、のだ。」
人形くくぅ「われわれが抱くのは、いつかは、完全な自由が得られるはずだ、という、信念、だ。
こくまくくぅ「結局、人間社会を動かす原動力は、社会の枠、や、現実の上限、を超えて、自由(神)を求める、という、懇願、なのだ。」
人形くくぅ「宗教だけではなく、あらゆることが、結局、懇願、祈り、となっている。たとえば、スポーツ選手が金メダルを獲ることを応援する(胸の前で両手を合わせて!)のは、ある意味、こうした懇願の達成のシミュレーションを、他人に託しているわけだ。この世で、そうした懇願(何々が叶いますように!)に対する応答を、少しでも、見たい、からなのだ。
こくまくくぅ「こうしたことは、うまいものが食べたい、という欲望さえがそうなのだ。われわれは、ただ、意地汚く貪欲なわけではない。もはや、食べ物以上の何かを、求めている、のだ。つまり、それらは、恩寵のしるし、の代用、なのだ。」
人形くくぅ「それで、うまいものを食べると、この世の奇跡、だとか、カリスマ料理人を求めて、神業、だとか言ったりもする。人は、単純な味覚だけで動いているわけではない。ある意味、特別な力をも求めているからだ。料理人も、うかうかしていられない。そこも考えに入れなくてはならない。
こくまくくぅ「そうすることで、そのような望み(懇願)は、空虚である、という不安、や、単なる妄想である、という疑念を、払拭しようとする、のだ。こうして、われわれが、際限なく喋るのがよくわかる。お喋りすらもが、懇願なのだ。」
人形くくぅ「ゴドー(ゴッド)を待ちながら、とめどもないお喋りが続く・・・。
こくまくくぅ「われわれが、ネット上などで、際限なくお喋りをするのは、結局、中心の不在(自由や神)、をめぐって、その不安そのものが露呈しないように、するために、遠回しな理屈をこねて、周到に、取り繕うように、話し続けるのだ。」
人形くくぅ「待合室の無意味なお喋り、だ。
こくまくくぅ「しかし、やがて、言葉が尽きて、沈黙が訪れることもある。われわれを戦慄が襲う。この沈黙、こそ、われわれの真実、自由の空無、なのだ。」

b0219835_15171927.jpg
b0219835_15173137.jpg
鶏しおラーメン 細麺 800円

こくまくくぅ「最近、新店巡りは気が重い。やっと、重い腰を上げて、花心凪とすがぞう、に行くことにした、が、2軒目に行ったすがぞうは、駐車場に入ったが、入口や看板や暖簾などを見るなり、なぜかタッチアンドゴーで、また4号線に出てしまい、茫然とゆく当てもなく4号線を郡山方面に向かった(次回につづく。)」
人形くくぅ「この店舗の前店である雅の頃に、2度ほど来たことがある。久しぶりにこの店舗に来た。近くには、福港系の福来亭、がある。木立の中のきれいな風景の中の店だ。スープの醤油風味が濃い。
こくまくくぅ「よく知らないんだけど、栃木の那須あたりの、ふうふう亭というお店の出身の店主さんらしい。東京にあるチェーン店のふうふう亭じゃあないよね。黄色い中太麺の豚骨を食べたことがある。そのあたりでは、とらや分店やみゆきなどに行ったことがある。だいぶ前のことだ。行ったきり再訪する気は起きていない。」
人形くくぅ「みゆきは、シャモの黄金スープだけど、なぜか人は、鶏の黄金スープというと、妙にありがたがる。麺が弱いかな。とりあえずいいスープさえとれば、ラーメンになるという思い込みが作り手にも食べ手にもあるようだけど、実際はそうじゃあないと思うけどね。ラーメンセンスとして、どうかだ。ラーメンセンスの雄としては、どる屋(宇都宮)を挙げておこうか。茨城の大子のなかざわは、1000円のシャモの黄金スープだけど、矢祭に移転したらしい。あそこは、超メジャーなみゆきに触発されたのかな。食べたことはない。1000円払う気がしないのだ。
こくまくくぅ「成(郡山)や若武者(二本松)もシャモロックのスープを出してる。まあ、人は、ブランド名にも弱いのだろう。自家製太麺の甲子園や自家製細麺のえなみは川俣シャモだったかな。本宮の金丸食堂は、本宮烏骨鶏だ。まあ、普通にウマイだったかな。おばあさんがやっていらした。最近、改装した模様だ。伊達屋(福島)は伊達鶏か。」
人形くくぅ「まあ、若武者だけ食べたことないけど、えなみの、現代的センスの逸品の塩ラーメンがよかった。数年前によく食べたけど、最近いっていない。スープと麺のセンスが抜群だ。ホーム(福島)も麺が弱い印象かな。やはり、スープさえとれば、みたいな。
こくまくくぅ「で、えなみは、鶏肉団子が入っていて、美味だった。それより一回り大きい鶏団子が入っているけど、この鶏団子もうまい。やわらかく、ジューシーで味がよい。」
人形くくぅ「ちょっと盛りつけがごてごてしているかな。窮屈でうるさい感じだ。
こくまくくぅ「鶏しおラーメンと特別に貼り紙がしてあるので、頼んでみたけど、てっきり、特化した鶏だしのラーメンかと思いきや、鶏尽くしの様相のことのようだ。鶏ロールに煮卵に鶏団子。下のスープは、普通っぽい塩スープだ。」
人形くくぅ「まあ、普通においしいという感じだ。麺が選択制で、この細麺と下の中太麺で、だけど、麺質がまるで違う。同じたねの太さ違いなら、まあ、分かりやすいけど、かなり麺質が違うことの整合性がわからない感じだ。
こくまくくぅ「麺は、なんでもいい、という気がしちゃうかな。」
人形くくぅ「見栄えも味も美しい数年前のえなみの塩の現代感よりは、後退気味かな。

b0219835_1516788.jpg
b0219835_15161951.jpg
みそラーメン 中太麺 750円

こくまくくぅ「上もこちらも、カジュアルというか、リゾート地によくあるような観光地ラーメンという感じかな。おしゃれ感なんだけど、それも、ちょっとオールド・ファッションの感じかな。濃厚とあるけど、ほとんど濃くはない。」
人形くくぅ「けっこう普通の濃さだ。濃いめくらい。しょうがやにんにくなどをきかせた、オーソドクスな味噌味。特に、変わったところはない。やや、あまめのスープだ。
こくまくくぅ「素朴で、初心なラーメンファン向けの食べやすさという感じかな。住み分けだから、それでいいのだろう。」
人形くくぅ「ややパンチに欠けるけど、食べやすく万人向けというポップな感じだ。
こくまくくぅ「まあ、今季、福島でナンバー1は、喜一の味噌ラーメンだ。あれは、ローカルではない。」

b0219835_1518714.jpg

[PR]
by dasenkadasenka | 2013-12-27 18:37 | 白河市