やまりすがたべるもの

dasenkakc.exblog.jp
ブログトップ

喜元門 水戸笠原店

所 茨城県水戸市笠原町884-10
営業時間 昼の部 11:30~14:00
       夜の部 17:30~20:30
定休日 無
駐車場 あり
禁煙



こくまくくぅ「喜元門の尋常ではないメニュー数の多さ×系列店の数、は、単にメニュー数の多い店の度を超しており、それによって、恐るべき視差が生じる。」
人形くくぅ「もはや、単品でものを考えることはできない。
こくまくくぅ「ナイーブに、単品でとらえて考えようとしても、絶え間なくズレるパースペクティヴの偏移に巻き込まれて、翻弄されるかのようなのだ。」
人形くくぅ「マイナー・チェンジや店舗間のブレまで、考慮に入れると、安定した、確定した見取り図にしがみつこうとする保守的な姿勢が吹っ飛んでしまう。それは、それで、イライラする人もいるだろうね。
こくまくくぅ「この不完全な不安定さは、しかしながら、むしろ、豊饒であり、可能性に満ちているんだけどね。ある意味では、安定よりも高い地位にある。」
人形くくぅ「ただ、固定で安心したがる人は多い。どちらにしても、どのお店も、内容的にそんなに安定しているわけではないからね。むしろ、しじゅう変化する。え、なんで、というくらい。固定を望む人は多いから、ショックは大きいわけだけど。
こくまくくぅ「喜元門では、うまさが、より、複数間の移ろいの中にある感じだし、メニュー間の序列も、相対的だ。」
人形くくぅ「アンチ・ランキング志向だ。優先順位がなく、脈絡なく放置されている。チャーシューを考えても組み合わせが流動的だ。
こくまくくぅ「特に、代表作や看板メニューもない。どれもがイチオシになりうる。」
人形くくぅ「そこが初めてだと、イラッとする、こともあるんだよね。なんか、無頓着なんだなあ。よくもわるくも。
こくまくくぅ「いろいろ食べ進めても、定点観測が出来ず、視差のズレを彷徨わなくてはならない。なんとなく、単品でうまいとかまずいと言っても足りない。違うものを食べると見方がずれ込むからだ。」
人形くくぅ「だんだん、他のメニュー経由が多くなる。

b0219835_13544142.jpg


こくまくくぅ「しかし、店舗間のブレやばらつきは、危うさでもあるなあ。統一するならすればいいんだけど、なんか、コンセプトがあやふやで、店舗間の序列をつけたがるファンが多いせいで、全体の印象が不安定になる。」
人形くくぅ「ブレやばらつきも、裏目に出ると、評判が悪くなり、店舗自体がダメになりかねないからね。少しくらい違ってたって、騒がなくてもいいだろ、と思うが、あれが違う、これが違うと、重箱の隅をつつく騒ぎだ。
こくまくくぅ「まあ、一般に、ファンクラブなどで、よくあることだけど、ファンに派閥ができて、特に、古株みたいなのが幅をきかせると、新しいファンが寄り付かなくなる。」
人形くくぅ「地域間の地元対抗意識みたいなのも、けっこうあるようだしね。うちは関係ないので、よく知らないけど。他店の場合でも、そういう確執はけっこう響きそうだ。まあ、我関せずで、どうでもいいけど。いなかには、よくあるんだよねえ、地域間派閥抗争が。興味ないけど、お店の経営もむずかしそうですなあ。
こくまくくぅ「一部のファンの内輪ウケみたいになっちゃうと、そして、主催する側も、そこに肩入れしておもねていると、周りはしらけるからなあ。」
人形くくぅ「そうした、派閥的な、一部のファンたちが熱狂的に盛り上がったりしていて、そこに振り回されているみたいに見える感じで、そこを中心に運営しているようにも見える感じになると、そのヒートアップとは裏腹に、その外にいる人は、逆につまらないから、新しいファンは入ってこなくなるよねえ。ネットなどで増幅されるし。
こくまくくぅ「ファンクラブなどの集団によくある、陥りがちな成り行きだ。自分こそが本当のファンだというおごりや自己主張が前面化して、いいポジションの我有的な取り合いになり、ファン同士がけなし合って、拡がりがなくなり、結局本体の首を絞めることになりがちだ。まあ、退嬰的で、幼稚園児の先生の取り合いみたいなものだけど。」
人形くくぅ「多店舗展開につき物の、店舗間のブレやばらつきによる、危うい雰囲気だ。
こくまくくぅ「味ではなく、気分的な問題で、新しいファンが冷めてしまう。」
人形くくぅ「いろんな意味でちょっと距離を置いている感じの喜乃壺は賢明かもなあ。

b0219835_13524864.jpg
b0219835_13531791.jpg
らーめん 醤油 650円

こくまくくぅ「ここは、麺が2種類と思い込んでいたけど、最初はそうだったと思うけど、いつの間にか、3種類になったようだ。細いのが、2種類だ。このラーメンのは、中太で、太麺と食感が似ている。下の支那そばは、かたい、極細だ。ちょっと前から、わかってたんだけど、細麺が、日によりブレて、というか、試行錯誤で、太さを変えているんだとばかり、思い込んでいた。」
人形くくぅ「今日、同時にたのんだので、やっと2つあることがわかったわけだ。驚いたね。ひょっとして、もっとあったりして。
こくまくくぅ「こうして比較すれば明らかだけど、記憶の中だと、何が何だか分からなくなっちゃう。よほど頭がよくないと混乱する。」
人形くくぅ「まあ、印象はあてにならない。すぐにあやふやになる。
こくまくくぅ「まあ、知識として確認できればいい、というのでもなく、そのつどうまければいいんだけどね。だんだん輪郭がつかめてくる。」
人形くくぅ「らーめんも支那そばも、通常、基本形態として、まあ、それとなく特別なポジションにある、と思うけど、ここでは、完全に、他のメニューの中の一つとして、埋没させているところが面白い。全体のくくりとなるメタレベルとオブジェクトレベルが混同されている、類が種に紛れ込んでいる、わけだ。
こくまくくぅ「らーめんと支那そばの明確な定義もよくわからない。同じ言葉だよね。」
人形くくぅ「いずれにしても、まあ、通常、基本的な中心メニューだけど、ごくシンプルな形態のもので、知っている限り、喜元門が一番うまい、という実感だ。
こくまくくぅ「支那そばは、鳥だしで、らーめんは、鳥だし+煮干しのようだけど、両方とも、よくある、定番的な、ああこの味、的なうまさを備えているんだけど、はっきり既存のものとは違ううまさ、でもある。」
人形くくぅ「極端なシンプルさなのだろうか、新味がある。根本的な組成の段階が違うのだろうなあ。チャーシュー同様、従来の観を覆すような、大胆なガリレオ的な転換があるのだろう。チャーシューは、ますます、肉の迫力を増しているなあ。

b0219835_13534522.jpg
b0219835_13541140.jpg
支那そば 醤油 650円

こくまくくぅ「この2つは、醤油も違う。麺も違い、だしも違い、完全に違う、2つの醤油ラーメンとしてつくられている。」
人形くくぅ「そして、恐ろしいことに、2つともが、今までのものとは違う、すぐれた味わいだ。
こくまくくぅ「1つでさえ、まともに作れない店が多いのにね。しかも、他のメニューの中に紛れ込んでいる。」
人形くくぅ「ハイレベルなんだけど、普通のことのようにある。
こくまくくぅ「支那そばは、喜乃壺が、スープ、麺ともに絶品だけど、これも接近している味わいだ。まあ、時間の問題で、いずれ近づくんじゃあないかな。」

b0219835_15325122.gif

[PR]
by dasenkadasenka | 2013-05-11 17:59 | 水戸市