やまりすがたべるもの

dasenkakc.exblog.jp
ブログトップ

喜元門 水戸笠原店

住所 茨城県水戸市笠原町884-10
営業時間 昼の部 11:30~14:00
       夜の部 17:30~20:30
定休日 火曜日 水曜日
駐車場 あり(砂利の広い駐車場)
禁煙




こくまくくぅ「今日は、テンションが上がった。まぜ麺好きの我が、好きなまぜ麺を2つだ。」
人形くくぅ「まぜ麺が2種類あることもあまりないしなあ。
ミニくくうう「しかもうまいまぜ麺だ!
こくまくくぅ「東京の武蔵野あたりでは、ずいぶん昔から、油そば、というものがあり、多くの人に親しまれている。かくいう自分もそうで、我もずいぶん前から、油そばを食べている。まだまぜそばがでてくるずっと前だ。」
ミニくくうう「馴染みの味だ!
人形くくぅ「これは、油そばではないけど、具が少なめなので、シンプルな油そばにちょっと近い感じだ。
こくまくくぅ「カラフルな味のついた油そば、といったところか。ある時から混ぜそばが出てきて、もちろん、混ぜそばも好きなんだけど、あれこれ食べて一巡して、この喜元門のまぜそばにたどり着いてみると、他店のまぜそばが、なんだか、色褪せて感じられてきた。いいのは、大須賀(郡山)の油そば(油そばという商品名だけど、混ぜそばだ。最近は食べていないので、その後どうなったかはわからないけど、強烈にうまい。)、くらいかな。」
ミニくくうう「端的に、他店の混ぜそばは、料理として、体をなしていないなあ。
人形くくぅ「まず、混ぜそばを、こんなにシンプルにこなしている店はほとんどない。たいていの店が、ごてごてしていて、味も雑だ。
ミニくくうう「喜元門のは、料理の腕前として、ワンランク、いや、数ランク、上な感じだ。
こくまくくぅ「味に自信がないので、おもしろ感や、物量で、てきと-にごまかしている、感じだなあ。ほとんどの場合、生卵が、落してあるのも、味の悪さを、生卵でうやむやにするためじゃあないかなあ。」
人形くくぅ「ジャンクという言葉を隠れ蓑に。
ミニくくうう「ジャンクという言葉に踊っている料理人は、ジャンク=無神経、と勘違いしているきらいがある。
こくまくくぅ「作った当の料理人が、それを信じていない気がする。こんなふうにやっておけば、喜ぶだろう、食べる人もいるだろう、みたいな。」
ミニくくうう「要するに、惰性だ。ポリシーがない。流行っているから、置いておこうか、くらいの。
人形くくぅ「それが、ほとんど、という感じだ。と、喜元門を食べると、そう思う。
こくまくくぅ「うまいものに出会うと、それによって、人は均衡を失い、世界は不安定になり、偏愛を帯びたものになる。喜元門には、そんな感じがある。」
人形くくぅ「たいていの店にないのは、アンサンブルの冴え、というか、腕前だ。だから、いろいろなものを詰め込んでも、ぱっとしない。致命的だ。
ミニくくうう「本当に、味を求めているのか、疑わしいし、ノリで押し切るセンスもない。
こくまくくぅ「ここは、きわめて賢慮、正当なことに、入れてないけど、決まり文句のように、生卵を入れるのは、味の追求ではなく、安手のごちそう感のため、これを入れておけば、満足度が高いだろう、という、客を見下した動機に基づくためだろう。」
人形くくぅ「ほぼ、見た目の、安易なゴージャス感のためだ。料理人の魅せ方、としては、最低だな。温泉卵、とかね。そういうのに頼るようでは恥ずかしい。
ミニくくうう「B級に開き直ってね。
こくまくくぅ「さすがに、喜元門は、料理としての格がある。生卵はもとより、料理として、恥ずかしいような一切の具材の投入もない。」
人形くくぅ「矜持、とか、プライドを感じるよね。

b0219835_14495081.jpg


こくまくくぅ「ラーメン、としてのイデアルな射程を絞り込んで、ブレないところがいい。ここは、餃子やチャーハンもないけど、そういう潔癖さや勝負感が、すがすがしい。」
人形くくぅ「野菜炒めを、ラーメンに載せることもない。売れそうなもののために、なんでもやっていると、結局、ぼやけた印象になり、輪郭の不鮮明な店になる。もちろん、それら二次的なメニューもスマートなやり方次第だけど。
こくまくくぅ「コンセプトがしっかりしていればね。ただ、なんとなくやる、だと、ぐたぐたしてくる。」
人形くくぅ「喜元門は、コーディネートのセンスがいい。それに尽きる。スープさえよければ、と思っている人が、いまだに多い感じだけど、スープがうまいし、麺もいい、ではなくて、麺やスープやチャーシューなどの具材や薬味の、コーディネートがなっていないと、全体として、決していいものにならないはずだ。スープのよさもその中でこそ、活きてくるにすぎない。
ミニくくうう「器も含め、ね。
こくまくくぅ「喜元門で、食べると、他店が、いかにコーディネートがさえないか、下手か、がわかってくる。」
ミニくくうう「要するに服のセンスはバラバラ、変な帽子を被っちゃったり、合わない、変な、ださいアクセサリーを、やたらにごてごてとつけちゃったり、しているわけだ。
人形くくぅ「見た目も味もね。おしゃれ感がなく、まあ、端的に、かっこが悪いわけだ。結局、コーディネートのセンスなんだよねえ。部品だけ、いいものを作ればいいわけじゃあない。それで、スタートラインだ。
こくまくくぅ「喜元門を食べると、重要なのは、アンサンブルの妙、コーディネート力、だということが、よくわかる。それがないと、いくらうまいスープを作ったとしても、台無しなわけだ。」
人形くくぅ「喜元門のいいところは、要素を少なめに絞り込み、確実に仕上げて、それらの最適の組み合わせをうまくこなして、鮮明な、シャープな輪郭を描くところだ。スープがうまいとか、麺がうまいとか、チャーシューがうまいとか、単独のばらばらの話ではない。木を見て、森を見ず、だ。
ミニくくうう「適材適所だ。
こくまくくぅ「一つ一つのメニューにも、店全体の印象にも、グループ全体の印象にも、同様のことが言える。賢明な選択だ。」
人形くくぅ「一つ一つの要素を絶対にはずさないし、それらのバランス調和もはずさない。
こくまくくぅ「このパーフェクト感がなあ、恐ろしげなんだなあ。他店がみすぼらしく思えてきてしまう。」

b0219835_14515967.jpg
b0219835_14522398.jpg
台湾まぜそば 630円

こくまくくぅ「これは、はっきり言って、たいていの、パスタのミートソースなんかよりもうまいだろう。」
人形くくぅ「自信があるから、セールスの生卵は入れません。
ミニくくうう「多店なら、ここに、生卵を入れちゃうんだろうなあ。
人形くくぅ「生卵は、ぶち壊しだ。そもそも料理が壊れているので、穴埋めに、生卵や温泉卵や半熟卵で、丸めこもうとするのだろう。困ったときの卵だのみだ。それなしで、とりあえず成立させないとなあ。生卵類は、その上でのオプションでいい。
ミニくくうう「第一、ガキくさいし。
こくまくくぅ「マジで、毎回、食べている人を多く見かける、台湾まぜだ。これ、くせになる。やや濃いめの味付けが冴えているんだけど、今日は、またぎりっとして、甘さがやや後退しているかな。しかし、全体に、しまりのある、抜群のパンチ力だ。」
人形くくぅ「細麺の味わいに、ピンポイントで、味つけ加減を合わせている。心持ち、しっかり味のこの味で正解だろう。この釜揚げ状態のような、あったか細麺に、よく合い、その、かためのもちもち食感を、よく活かしている。
こくまくくぅ「これは、汁気が少ないので、伸びずに、かたい触感の持続が楽しめる。この自家製麺が日増しにうまくなる感じだ。まぜ麺は、やはり、麺が命だ。」
ミニくくうう「機械的に単調な、製麺所の麺だと、今日の麺は、こんな感じ、とかいう話ができない。幅のある自家製麺のうまさだ。ある意味、出来の悪い日があったって、楽しめる。
人形くくぅ「麺との絡み、と同様に、この肉みそとチャーシューや煮卵との絡みも美味だ。細かい微塵切りのねぎもいいアクセントだ。白ネギの切り方は3種類くらいあって、使い分けているのかな。こうしたコーディネート力が、揺るぎない。
こくまくくぅ「たいしたことじゃないようだけど、重要で、他店では、ねぎの切り方さえうまくいっていないことが多い。つゆに浸った汁そばの時とはまた違う麺の表情が魅力的で、やはり、まぜ麺はたまらないなあ。自分はやらないけど、この肉みそまみれの麺と白ご飯も合いそうだなあ。」
人形くくぅ「残ったタレをご飯にかけてもね。やみつきだろう。
こくまくくぅ「微妙な汁の量も適確だ。」
ミニくくうう「店員さんが、よく混ぜて、お召し上がりください、とか、絶対に言わないのもいい。だいたい、食べ方のレクチャー、なんて、いらない。好きなように食べればいいし、わかんない人は訊けばいい。わかんない人も、いい加減、いないと思うけど。
人形くくぅ「自分は、あまりまぜないで、自然にまざるていどに、食べ進める。その方が諸要素のシャープなエッジを楽しめて、味わいのメリハリもある。いろいろな状態の麺の食感を楽しめる。完全に混ぜると、一様な味になり過ぎて、単一的で、単調だ。もちろん、お好みだ。カレーも混ぜちゃう人いるしね。
ミニくくうう「ラーメンも、天地返しとかね。まあ、合理的なんだろう。混ざり具合の度合いや振れ幅を、いちいち選択して迷うのが面倒なのだろう。混ぜちゃえば、あとは、ひたすら食べるだけに専念できる。
こくまくくぅ「まあ、子供の食べ方ではあるけどね。いちいち、よく混ぜて、とかいう店もなんだろう。気が利きすぎて間が抜けている。よほど難しい食べ方ならまだしも、大人なんだから、放置してもらいたい。」
ミニくくうう「たいていが、混ぜると、むしろ、まずいのに、混ぜろ、とはどういうことなのか。お店のセンスを疑う。
人形くくぅ「まあ、そういうところ、喜元門は、きわめて、優秀だ。大人っぽく、垢抜けている。メニュー内容の説明さえ、そんなにない。これは、不親切ではなくて洗練されているのだ。むしろ、普通のことなんだけどなあ。
b0219835_1452415.jpg
b0219835_14525441.jpg
海老まぜそば 塩 680円

こくまくくぅ「こちらも、料理としての輪郭が鮮明だ。味や香りの粒立ちがしっかりしており、というか、目もくらむような豊饒な海老感だ。シンプルに海老オンリーで、わかりやすく、かつ、うまい。これ以上に、よけいな具材を入れるのは、もはや犯罪だ。」
人形くくぅ「このシンプル感の勝負が、できないんだろうなあ。自信がないので、さびしい気がして、いろいろ足しちゃうんだろうなあ。料理の下手な人ほどプラス志向になる。けばい化粧と同じことだ。
こくまくくぅ「チャーシューも日増しにうまさを、というより、凄味を、増す、感じだ。味わいだけでなく、見た目の美しさ、鉱物質な色合い、もこの上なくきれいだ、絵心爆発だ。もう、すでに、見た目だけで、うまい。こういうことは、ありそうで、そうそうない。」
ミニくくうう「たいていのチャーシューが、死んだような色合いだ。切り置き、焼き目の焼き置きも、平気のへーだ。見た目の色合いも褪めて沈んでいるし、肉汁は乾燥し、脂身は酸化して、すえた味わいになっている。料理人なのに、そういうことに執着がないのかなあ。もってのほかも、効率第一主義に負けるのか。
こくまくくぅ「バーナーなどの焼き目があるのに、冷え切っているチャーシューを出すところもあるけども、意味があるのかなあ。香ばしさも飛んでいるし、酸化して肉くさくさえなっている。流行っているから、焼き目の見た目をつけるだけのことなのか。」
人形くくぅ「ここのチャーシューは、色形もよく、活き活きした色艶がある。当然、その見た目の鮮やかさに見合った、絶品の味わいがある。
こくまくくぅ「麺、スープ、チャーシューに、同等の力を込めていることが、喜元門や喜乃壺では、伝わってくる。なかなかそう思うことはない。この差は大きな差になるはずだ。」
人形くくぅ「メニューに、全部のせ券、はあるけど、いちいち特製と冠したメニュー、がないのもいい。特製とかいって、スタンダードをみすぼらしいものにしてどーする、という気がするけどね。いっぱいあればごちそうだ、というコンセプトなど、端っこにあればいい。喜元門は、そういうところも賢い。人心を掌握しているというべきか。
こくまくくぅ「蛇足ながら、バラロールが、これまたうまいんだなあ。他店で、もっともまずいことが多いのが、バラロールだけど、そのせいで、きらいにさえなっていたんだけど、他で味わったことのないうまさを実現している。チャーシュー嫌いと思い込んでいたけど、まずいチャーシューばかり食べていたからなのだ、と、はじめて気づかされた。マジな話だ。」

b0219835_14542619.png

[PR]
by dasenkadasenka | 2013-03-12 19:10 | 水戸市