やまりすがたべるもの

dasenkakc.exblog.jp
ブログトップ

五木 拉麺豚骨道 博多

b0219835_13593352.jpg

b0219835_1358351.jpg
b0219835_13585876.jpg


こくまくくぅ「インスタントラーメンだけど、500円するだけあって、本当に本格的だ。見た目も超美しい。お店で出てくるようなのと遜色ない出来だ。
インスタントなのに、豚骨臭さえある。いい匂いだ。これがないといけない。まあ、スープを飲んでいるとインスタントっぽい味もすることはするけど、とろっとした濃度といい、たっぷりの油浮きといい、本物感だ。お店で食べてもそうだけど、豚骨臭は、はじめ匂っていても、食べ進めると、鼻が慣れて、あまり感じなくなる。
麺も食感がいい。別に文句はないんだけど、好みから言うと、ちょっと高級すぎるかな、という気もするか。卵麺みたいな感じで、つるつる感が上質すぎるというか。この会社のスタンダードなタイプの方が、より好きかな。
ちなみに、、紅ショウガも、こだわりの感じられる、凝ったうまさだ。しっかりした味がする。計算された、邪魔をしない、すぐれた薬味感だ。ちょうどいいアクセントなのだ。じつは、けっこう、豚骨における、紅ショウガが、たいてい、あまり好きでなく、安っぽいものだと、スープが台無しになる。スープが、うっすらピンク色に染まるタイプだと、絶望的な気持ちになる。紅ショウガで、店の格がわかるかもなあ。
豚骨スープには、二種類ある気がする。ねろりとしたタイプと、ざらざらしているタイプだ。どちらもうまい。これは、感触もねろっとしていて、味も、ねろっとしている。脂が多いと、乳化して、ねろっとなるのかな。
なぜか、なんか、千年ラーメン(調布)を思いだしたなあ。カジュアルな感じに味が変わる前だ。日本一の大釜で、一週間分をまとめて炊き出す。豚骨臭くてガツンときたなあ。バスラーメン(三鷹)も思い出すなあ。いい風情だった。だいぶ昔の話だ。
でも、こうして、うまい、と思っても、この博多風の豚骨の感じは飽きた感もある。最近では、華丸とほむら、どちらもザラザラの方かな、に行くと、それ以上にはあまり行きたくなくなってしまう。もう摂取の許容限度を超えたのかなあ。たまに、こういうのを買ってきた、家でさらっと食べるのが、ちょうどよくなっているかもなあ。」

b0219835_1403064.jpg


b0219835_1732227.png

[PR]
by dasenkadasenka | 2013-03-05 14:01 | インスタントラーメン