やまりすがたべるもの

dasenkakc.exblog.jp
ブログトップ

昔ながらの中華そば 鶏ガラ醤油 対 マルちゃん正麺 醤油味

b0219835_15262490.jpg
b0219835_15265475.jpg
b0219835_15271539.jpg


こくまくくぅ「マルちゃん対決。まあ、昔ながら、対、今風、なのかな。
こちら昔ながらは、王道のインスタントラーメン的雰囲気の味わい、なんだけど、でも、やはり、昔よりはずっと洗練されている感じだ。麺もノンフライで、細くてコリコリした食感がいい。ただ、味は、昔っぽいインスタント麺の雰囲気だ。なんといっても、きつい縮れが、視覚的インパクト大だし、食感も、これこれ、ものだ。
スープも同様で、しゃれた、品のいい感じになってはいるものの、昔っぽい風情ではある。醤油味、生姜風味、が効いていて、甘めのスープだ。まあ、ひとえに、ほっとする感じだなあ。」

b0219835_15274898.jpg
b0219835_15281217.jpg
b0219835_15284480.jpg


こくまくくぅ「正麺は、やはり、麺もスープもうまい。
しかし、さすがに、日清だけあって、ラ王の麺も、これとはまた違ったもxっちり感でうまい。迫力ある競り合いだ。
こちらは、とにかく、過不足のない、均整のとれた揺るぎなさがあり、まさに、正麺、というにふさわしい、風格溢れる感じだ。スープも然り、で、均整を感じる静かで迫力に満ちた味わいだ。かなり効いているのは、昆布だしかな。あまくて重厚で、日本人の好きな味だ。上の鶏がらのシャープな味わいとは違って、どっしりとした感じだ。
これを買いに行った時、スーパーで、おばあさんが、別のインスタント袋麺を見て、あら、これ安いわね、と言って手に取ったが、おじいさんが、いやあ、だめだ、マルちゃん正麺じゃなきゃだめだ、と言っているのが聞こえた。わしづかみにしているようだなあ。役所広司さんのコマーシャルが効いたのか。地方に特有なのか、なぜか、毎日、テレビコマーシャルで役所広司さんばかり見る。まるで、俳優は、もはや役所広司さんしかいないかのようで、あたかも、役所広司さんの言うことだけ聞いて生きていればいいかのようだ。
まあ、確かに、これほど差をつけらていては、という、出色の出来栄え、が、目に見えて明らかだからなあ。
スープ、麺、の味は、研究されつくされているのだろうな。どこが、正確に、うまいところなのか、という成分バランスを知悉している感じだ。これら2点のように、至れり尽くせりで、味を使い分けている、使いこなしている、味の把握能力はすさまじいばかりだ。スープも麺も、正確な答え、という感じだ。かつてなく、上質で快適なインスタント時代に突入している感じだ。
ピンポイントで、欠点の見当たらない、正統なうまい味をキメている、ので、巷のラーメン店を、この正麺を基準線として、さらに出来のよい、品格ありの合格、と、より出来の悪い、品格なしの不合格、に、線引き、順位づけ、できそだなあ。これより優れているのは、そんなにないかもね。
ラーメン店の、活きた手探りの勘と、企業の研究開発チームとの、能力差は、歴然としてきているかのようだ。韓国では、ラーメンといえば、飲食店が、市販のインスタントラーメンをつくって出している。かつて、バブル期に、渋谷に、インスタントラーメンを食べさせる店があった。へたをすると、マジで、そんな時代になるかもしれないなあ。」



b0219835_16233651.png

[PR]
by dasenkadasenka | 2013-02-28 17:27 | インスタントラーメン