やまりすがたべるもの

dasenkakc.exblog.jp
ブログトップ

らあめん 吟。(らあめん ぎんてん)

住所 〒310-0803 茨城県水戸市城南2-14-21
電話番号 029-233-1439
営業時間 11:30-15:00 / 17:30-22:00(月〜金)21:00(日祭)
定休日 木曜日
P あり
喫煙 不可
http://ibanavi.net/shop/2355/



くりす「この店は10年くらい前から知っている。水戸にほとんど行ったことがない頃で、行こうと思ったんだけど、自分の不手際で道に迷い、見つけられずに、断念し、その時は、福助とまぐろラーメンに行った。」
くらりす「両店とも健在のようだね。福助は、アンティークな店内で、おしゃれな感じのラーメンだった。まぐろラーメンは、本店の環七の店がまだ話題になっていた頃かなあ。店主さんが、やたらと話し好きで、まぐろラーメンについて、いろいろと話していたなあ。」
くりす「おいしかったね。あと、まぐろラーメンと言えば、国上屋(練馬)がうまい。レモンを垂らすんだ。」
くらりす「再訪してみたいね。まあ、そんなわけで、長い時を経て、今日、やっと、ここ、吟。に辿り着いた、というわけだ。」

b0219835_1641017.jpg


くりす「しかし、この水戸駅南口界隈は、うまいラーメン店が、実に多いなあ。好きな店ばかりだ。ここに吟。があるとは気づかなかった。ここ何度も通っているんだけどね。」
くらりす「今日も、なぜか見つけられなくて、この店の前を、車で3度も素通りしてしまった。」
くりす「ちょっとだけ、店舗が道路から引っ込んでいるし、大きい車が店の前に停まっていると見つけづらい。」
くらりす「でも、無事、見つかってよかったね。」

b0219835_16423863.jpg
b0219835_1643774.jpg
塩らあめん 750円

くりす「手の込んだ、複雑な味わいでうまいなあ。こういう、複合的な味の作り方、好きだなあ。」
くらりす「シンプルな骨太の味も好きだけど、こういう繊細さもいいね。」
くりす「でも、トータルとしては、シンプルな味を作り出している感じだ。複雑だけど、あっさりしていて、品のいいうまさだ。」
くらりす「たとえていうと、上品なバターみたいな味わいだ。ちょっとたとえがよくないかもしれないけど。トータルな一つの味を、いろいろなだしや薬味のアンサンブルで醸し出している、という感じかな。」
くりす「そのハーモニーの妙、というか吟、が楽しい感じだね。ちょっと物足りないようでいて、でも、しっかりしたうまさの余韻が残るような、ちょっと奥ゆかしい不思議な味わいだ。」
くらりす「魚粉が浮いていると、またかというビジュアルになるけれど、魚粉の風味はさして強くない。」
くりす「粉の山は、すりごまだ。梅干しの赤い色も冴えたアクセントだ。」
くらりす「麺も、しこしこ、もちもちでうまい。」

b0219835_16435738.jpg
b0219835_16442546.jpg
b0219835_16445316.jpg
辛つけ麺 790円

くりす「普通のつけ麺と辛つけ麺は同じもののようなんだけど、辛つけ麺の方は、太麺に、辛みだれのようなものがまぶしつけてある。」
くらりす「ヤンニョムみたいな薬味だれが、まぶしつけてあるね。ほとんど辛くはないけど、唐辛子の風味がしている。その麺を、そのまま食べてもうまい。もちもちの太麺もいいね。」
くりす「やはり、様々な食材を合わせてシンプルな旨味を作り出している感じだ。」
くらりす「つけダレは、酸味が強く、やはり、淡い味だけど、品のいい、複合的な旨味が下支えしている感じだ。」
くりす「ゴマや揚げネギなど、薬味の使い方がうまいなあ。いろいろなものが、少量ずつ入って、それぞれが、あまり自己主張しない、控え目な共演で、強度を形作っている感じがすごい。」
くらりす「そして、そのつけダレの中に、それ自体が、からしだれで風味づけられている太麺が入って、さらに、繊細な味のコラボ、というか、オーケストレーションになる、って感じだね。」
くりす「かなりおもしろい味覚の相互作用だね。こういうテクニック、期待できるし、好きだなあ。」
くらりす「積算の美学だ。余計なものを取っ払った単純明快な味もいいけど、こういうのもいいね。」
くりす「チャーシューだれだけでスープを作る竹岡式みたいなのも興味深いし、こういう手の込んだのも興味深い。楽しいなあ。」


(水戸駅南口大好き くりす & くらりす)
[PR]
by dasenkadasenka | 2011-12-28 16:45 | 水戸市