やまりすがたべるもの

dasenkakc.exblog.jp
ブログトップ

喜元門 水戸笠原店  100種類くらい粒ぞろいのラーメンのメニュー数も不可能じゃあないかもね

b0219835_11525954.jpg
住所 茨城県水戸市笠原町884-10
電話番号 非公開
営業時間 昼の部 11:30~14:00/17:30~20:30
定休日 火曜夜の部、水曜
P あり
喫煙 不可
b0219835_11515832.jpg


こくまくくぅ「あれ、また、へんな、怪しげな子供がわれらのテーブル席に近づいてきたぞ。」
水戸 喜元門「お花はいかがですか。
人形くくぅ「なんだ、ついに花売りの子供か!
こくまくくぅ「それに、手に花を持ってるような格好はしているけど、何も持っていないじゃあないか。」
水戸 喜元門「じゃあ、マッチでも。マッチを擦れば、あたたかい光景が浮かびますよ。
人形くくぅ「いや、それも持ってないだろ。ふりだけだ。
水戸 喜元門「ちょっと、お時間、よろしいですか。
こくまくくぅ「なんだ、待ち時間を狙ったセールスか。あ、われらのテーブル席に座った。」
水戸 喜元門「まあ、手短にお話します。
人形くくぅ「え、なんですか。何かの勧誘のスピーチですか?
水戸 喜元門「スピーチとラーメンの待ち時間は短い方がいい、とか申します。
こくまくくぅ「いや、言わないな。聞いたことない。」
水戸 喜元門「水戸、喜元門、と申します。
人形くくぅ「へんな名前だし、また面倒くさい子共なのか。
水戸 喜元門「ま、そうおっしゃらずに。
こくまくくぅ「何かの天罰なのか。」
水戸 喜元門「あるいはそうかもしれませんね。あなた方の罪深い生活に対する天罰かもしれません。
人形くくぅ「え、なんだって。
水戸 喜元門「だってそうでしょう。なんですかラーメンばかり食べて。
こくまくくぅ「大きなお世話だし、最近はそんなに食べてない。」
水戸 喜元門「そんな狂って乱れた生活はやめて、自然に根付いた生活をしなければいけませんよ。
人形くくぅ「なんで、そんなこと、君に言われなければならない?
水戸 喜元門「つまり、あなたがたの、病んだ精神が生み出した応答、が私なのだとしたら?
こくまくくぅ「え?」
水戸 喜元門「あなたがただけに見えるストレンジ・アトラクター(奇妙な誘惑)かもしれません。
人形くくぅ「われわれが望んでいると?
水戸 喜元門「違いますかね?
こくまくくぅ「あ、わからない。そうかもしれないぞ。なんかへんだし・・・」
水戸 喜元門「自分自身の基本的な事実を外に見出そうとする願望がつくり出した、形成物かもしれませんね。
人形くくぅ「なんだって。幻なのか。
水戸 喜元門「自分自身に取り込めない真実を外に見ているのかもしれません。
こくまくくぅ「真実って・・・、むずかしすぎる。」
水戸 喜元門「熱に浮かされたように同じものを食べ続けるのは、真実を見ないようにするため、なのでは?
人形くくぅ「夢なのか?
水戸 喜元門「そう、自らの欠如を外部に見ている・・・
こくまくくぅ「よくわからないが、確かに、引き込まれてしまう。」
水戸 喜元門「そうです。でも、あまり近づきすぎると、自分が壊れてしまう・・・
人形くくぅ「・・・
水戸 喜元門「束の間の幻とは、中味のない、ただの表面です。
こくまくくぅ「純粋な見かけ、か。」
水戸 喜元門「そうです。幻想とは、その対象ではなく、それをそういうふうに目撃している視線、なのですよ。
人形くくぅ「歪められた視線によってしか見えないのか。
水戸 喜元門「他の視線にとっては、存在しないのです。
こくまくくぅ「ああ、混乱してきた。」
水戸 喜元門「あなた方の混乱と錯綜の具現化です。
人形くくぅ「これは、思い込みだと。
水戸 喜元門「ある角度からだけ見えるのですよ。だから、近づきすぎると、ただの現実が見えて、幻想は失われてしまいます。純粋な見かけへの委託、です。
こくまくくぅ「確かに! 至近距離から、君を見ていると、何だか変だぞ!」
人形くくぅ「あ、その顔は、描かれた顔だ! 子供の顔の絵・・・、お面なんだ、子供じゃあない!
水戸 喜元門「ようやく気づきましたか。
こくまくくぅ「あ、お面をはずしている。その下は・・・、あ、ミニくくぅ、だ!」
人形くくぅ「なんだ、おどかすなよ、すっかり騙されたよ、ははははは。
こくまくくぅ「気づかなかったよ、ははははは。」

b0219835_1342448.gif


b0219835_13151618.jpg



b0219835_137094.jpg
b0219835_137303.jpg
直火チャーシュー麺 780円

こくまくくぅ「佐野実氏が亡くなった、とニュースで見た。詳しくは何も知らないけど、以前に、たしか、年間700杯くらいラーメンを食べるというようなことを聞いた気がする。やはり、そういうことも障ったのだろうか。」
人形くくぅ「創作的なラーメンの先駆けだ。当時高額だった製麺機を買って、奥さんに離婚されながらもラーメンづくりにはげんで、完全自家製のうまいラーメンを確立された方だ、と聞いている。
こくまくくぅ「もちろん、佐野氏の支那そばは、いただいている。丁寧に作られた、珠玉の一杯だ。その情熱への感謝と哀悼の意をささげます。」
人形くくぅ「まあ、とにかく、佐野氏のように、ラーメン店というものは、とにかく、これぞ、という一杯をつくればいい、のだと思っていた。しかし、喜元門は、そんな思いを覆してしまう、ような、圧倒的な多作だ。
こくまくくぅ「100種類くらい作れるかもね。しかも、粒ぞろいで。これも、新作のチャーシュー麺、です。佐野氏の支那そばは、昔ながらの、と、斬新さ、とを、併せ持つような醤油ラーメンだったけど、このベースの醤油スープも、まあ、そんな感じかもしれない。たぶん、ラーメン、の醤油スープと同じだと思う。ラーメンは、仕様が以前とがらりと変わって、昔ながら風になって、醤油風味が濃い目になった。品よく醤油味を際立たせない独特の喜元門らしさ、とは、また、違ったつくり、なので、自分的には、少々、驚いたものだ。」
人形くくぅ「もちろん、それはそれでうまいんだけど、個性的というよりは、わりと、ざっくばらんな、普通っぽい一般的なテイスト、の醤油味になった。
こくまくくぅ「それに、チャーシューも、紅い縁どりがあり、これも、そういうオールドファッション仕様ということ、なのだろう。」
人形くくぅ「3枚載ったチャーシューは直火焼きと同じ肉だけど、通常の直火焼きとは別バージョンで、このチャーシュー麺専用、なのかな。かなり、あっさりした仕上げだし、柔らかい処理だ。
こくまくくぅ「まあ、チャーシュー麺が出る、と聞いて、想像してきたんだけど、やはり、いい意味で裏切られました(笑)。ほんとに、喜元門は、どのメニューも、意表を突くような、奇妙なズレがあり、そこが、とにかく、おもしろいよねえ。」
人形くくぅ「まあ、独創的、ということなんだよね。ありきたりにはしないよねえ。喜元門を通すと、独特のプリズム効果で屈折偏光する、感じだ。
こくまくくぅ「自分もそうだったけど、風変わりなので、はじめての時は、なんとなく違和感がある。慣れると、良さが見えてくる(笑)。なので、初回で躓くのは禁物な店だ。自分も、何年かかかった(笑)。しかし、ひとたび、この喜元門マジックにハマると、逆に、他のラーメンがやたら素朴で凡庸に思えてくる。」
人形くくぅ「通常のラーメン観を換骨奪胎している、くらいに思って、構えて、対応した方がいいだろう。
こくまくくぅ「そうです、これも、意表を突かれました。想像してきたけど、こんな感じとは思わなかった。あえて、チャーシュー麺というくらいだから、もう少し、チャーシューの風味や脂がスープ表面に溶けだして、こっくりした、ややこってりめの風合いになるのかと思いきや、むしろ、あっさりテイストな感じのチャーシュー麺だ。なので、気楽に食べやすいような感じだ。」
人形くくぅ「値段も、780円とチャーシュー麺にしては手ごろ感がある、ボリューム的にもさほど重くない、ので、これ、人気になるだろう。女子でも軽いはず。
こくまくくぅ「おもしろいつくり、だよね。かわいく、コンパクトにまとまっている、というかな。気さくなチャーシュー麺で、さすが、という感じだ。うまいところをついているのかもしれない。」
人形くくぅ「まあ、他のメニューもそうだけど、品がいい。喜元門は、品がよく垢抜けていて、コテコテはしていない、と思っていたけど、チャーシュー麺も、やはり、そうだったわけだ。
こくまくくぅ「しかも、最近、ますます、上品な方向に拍車がかかっている気がする。味付けも、最低限になってきている。」
人形くくぅ「一番、意表を突いた点は、このかなり太い麺だ。今までで一番太いんじゃあないかな。見たことない、太さだし、形状だし、色艶だし、食感だ。
こくまくくぅ「もうすでに、何種類、麺があるのか、よくわからなくなってきた(笑)。ここのところ、同じ太さ形状でも質感が変わるなどするので、毎回違う麺を食べている、といっても過言ではない。」
人形くくぅ「麺の太さは、少なくとも4種類はある。どのラーメンがどの麺だったか、混乱してわからなくなってきた(笑)。この間の青山店長さんの時の太麺も違う触感だったんだよねえ。
こくまくくぅ「で、この太麺+醤油スープ、この食感も新しい。しかもチャーシュー麺。喜元門でも新しいし、他でもあまりない、だろう。とはいえ、知らない感じではなく、どこかで、似た食感を知っているのだけれど、今、うまく、思い出せない。」
人形くくぅ「まあ、場所や時間的に、近いところでは、文太(水戸)や大進(勝田)やせんり(大甕)の、太麺+醤油清湯スープが、なんとなく似たノリではある。やや、うどんを思わせるような、かたい弾力感+醤油味が魅力だ。
こくまくくぅ「もっと似たようなのを知っているんだけど、東京かな、唐そばや(渋谷)かなあ、思い出せないない。高田馬場の太麺堂かな。」
人形くくぅ「まあ、いずれにしても、斬新な太麺食感のチャーシュー麺だ。けっこうウケるんじゃあないかねえ。
こくまくくぅ「喜元門にしては、かなり、わかりやすくカジュアルな感じで、これからの新機軸なのかもしれない。」

b0219835_1385385.jpg
b0219835_1392096.jpg
b0219835_13105540.jpg
台湾らーめん 670円

こくまくくぅ「今日は、ここのところなくて、ずっと食べたかった、極み煮干しの塩、があったんだけど、この台湾も、潜伏期間をへて、改良リニューアル版なので、どちらにしようか迷ったが、こちらにした。まあ、変わったんだけど、案の定、味付けが、甘くなっていた。前回いただいた時はかなり甘くなかった。でも、その前には甘い時もあった。今回、甘くなり、辛さも後退したかな。」
人形くくぅ「まあ、個人的には、喜乃壺(つくば)の甘くて、かなりシャープに辛くて、極細麺がコリコリのタイプがお気に入りなんだけど、甘口テイストの喜元門もうまい。広く食べやすい、というコンセプトなのだろう。
こくまくくぅ「けっこう甘くなったので、もう少し辛いと、ちょうど見合うような気もするけど。で、細麺なんだけど、これも、上の太麺と同じような食感というか、前のより、つるみ、になった気がするんだけど。」
人形くくぅ「前の細麺となんとなく違うような、ね。
こくまくくぅ「麺は、つくば製麺所となったようなんだけど、多種類増産体制なのだろうか。ここのところ、麺が、太さや質感において、マイナーチェンジが多いような。」
人形くくぅ「そういう意味では、麺、スープ、チャーシュー、ともに、バージョンが、多数化、多様化しているその組み合わせの繰り広げは、他店に類を見ない増殖ぶりだ。ちょっと、その事実だけでも、斬新な店だろう。
こくまくくぅ「しかも、そのトライアングルは独特の個性的な引っ掛かりを持つ構成の妙がある。」
人形くくぅ「このバラ・ロール・チャーシューも、またまた、変わった!(笑)
こくまくくぅ「あとは、えるびすのバラロールを挙げるけど、ここの、バラロールは知る限り一番好きだ。他店とは別物だ。しかし、これも、しじゅう変わる(笑)。去年の3月くらいのここのバラロールは、すごく好きで、ほろほろのやわらかい食感で、甘い味で、ここのところ、2回ばかり、それに近い感じがもどったんだけど、今日はまた、全然違う(笑)。しかし、これ、けっこううまい。ほぐれるようなやわらかさではなくて、肉食感がややかためで、つるっとしてるんだけど、食感も味もいい。この2バージョンともいいなあ。」
人形くくぅ「最近傾向としては、チャーシューは、味付けや風味が淡白になってきている。直火や炭火も、香ばしさが軽めになって、素材の肉感の持ち味重視みたいになっている。まあ、でも、試行中というのか、かたさ、火の通り加減など、処理がけっこうずっと、まちまちで、どこが本命打なのか、わからないけどね(笑)。今日こう書いても次回違うというありさまだ。まあまあ、でも、うまいことはうまいので、慣れているし、それでもいい気もする(笑)。
こくまくくぅ「ブレというより、意図的に変わるようだ。ある意味、おもしろい実験に参加しているようなものだ。真空なんかも、けっこう、食感が変わるし。好きだった支那そばも、感じが変わったしなあ。」
人形くくぅ「まあ、あまり、神経質に、繊細に捉えてもしょうがない。ちくいち、こまかい点を気にする人もいるようだけど、そんなに一般論的に言って、あまり意味がないだろうし。大筋の人々が大筋でよし、なら、いいわけだからね。
こくまくくぅ「みんな、そんに繊細な舌じゃあないし、平均的なセンサーの舌、なんて存在しないわけだし。しょっぱいとか甘いとか、味が濃いとか薄いとか、よく言うけど、それ、主観だろう、って思うけどね。なぜ、自分の舌基準を主張できるのかよくわからない。」
人形くくぅ「何人分聞いてもキリがない。舌評価より客が来ているかどうかだ。


・・・・・・予告・・・・・・・


ミニくくぅ「巨大はに丸を見に行ったのであります! その様子は次々回で!!!

b0219835_11555528.jpg
b0219835_11541344.jpg

[PR]
# by dasenkadasenka | 2014-04-12 18:35 | 水戸市

やまりす食堂 フルーツマリネ

やまりす先輩「キルシュヴァッサーとシナモンスティックで香りを付けた熱いマリネ液をかけた、生とは違うおいしさです。」
b0219835_16363615.jpg
b0219835_16371064.jpg

ソムタムポンラマイとは違い、けっこう甘くできてしまうけどたまにはいいかも。ブルーベリーだけでもおいしいですよ。

グラニュー糖、白ワイン、シナモンスティック、水を鍋に入れて火にかけ、15分間ぐらいゆるゆると煮てアルコール分を飛ばします。仕上げにキルシェを加え熱いうちに果物にかけ冷蔵庫で味をなじませます。
[PR]
# by dasenkadasenka | 2014-04-11 16:25 | やまりす食堂

やまりす食堂 セビチェ

やまりす先輩「冷蔵庫にあるもの。トマト、セロリ、アーリーレッド、ピーマン、ライムにレモン、香菜、ゆでたこ・・・とくれば、当然アレ!なんですが。ヤムじゃなくセビです。アボカドとハラペーニョの酢漬けを加えるだけで一挙に南米仕様に。普段は1人提供ですが、いつもと同じ皿に盛ってしまって、気分はヤムヤムになってしまうのでした」
b0219835_15362797.jpg
b0219835_153707.jpg

[PR]
# by dasenkadasenka | 2014-04-10 15:49 | やまりす食堂

茨城県庁付近に桜が咲いているのでちょっと見てきました

b0219835_18463684.jpg
b0219835_18403961.jpg
b0219835_1841104.jpg
b0219835_18414319.jpg
b0219835_18421092.jpg
b0219835_18423984.jpg
b0219835_18471466.jpg

[PR]
# by dasenkadasenka | 2014-04-09 18:01 | くくぅの野外活動

麺 一直  スープひとすすり、即、ズドーン、ああぁ~、のラーメン世界

b0219835_125680.jpg
住所 茨城県水戸市見川2267-3
電話番号 029-241-1330
営業時間 11:00 ~ 15:00/18:00 ~ 21:00
定休日 月・木曜日
駐車スペース 有
https://twitter.com/menittyoku
b0219835_12556100.jpg
こくまくくぅ「導入部は、前回の喜元門のラストからの引き継ぎか?」
人形くくぅ「日曜日には、喜元門もここ一直も、ご夫婦らしき方を中心に、年配のお客さんたちが目立って多い感じだ。平日だと、年配のサラリーマンや仕事人の方々が多い感じだ。えるびすや華丸でもそんな感じかな。
こくまくくぅ「もちろん、あらゆる層がいるけど、わりと、落ち着いた年齢層も目立つ。だいたい、若者ターゲットの店は、ランキング上位になる感じだ。でも、これからは、舌の肥えた年配層を虜にする本格店が勝負どころだろうから、ランキングはあまり参考にならない感じもする。」
こくまくくぅ「平均的な人たちが平均的にいいって言っていることの肯定なだけだしね、そもそもランキングは。それが必ずしもいいものである保証なわけではない・・・」
エアー・K「ま、そうおっしゃらずに・・・
人形くくぅ「あれ? 気がつくと、どこからともなく子供が忽然とあらわれて、われらのテーブル席の横に立っている!
エアー・K「ふんふん~♪
こくまくくぅ「あ、鼻歌まじりで、そのまま、われらのテーブル席に座った!」
b0219835_10398100.jpg
エアー・K「ふんふん~♪ 失礼しますよ。
人形くくぅ「なんだ、まるで、不思議な物語の冒頭みたいじゃあないか。
こくまくくぅ「たいてい、こんな、唐突な出だしだ。」
エアー・K「ここに座ってもよろしいでしょうか?
人形くくぅ「って、もう座っているし・・・
エアー・K「でーあいーはー、スローモーション~♪
こくまくくぅ「へんな歌を口ずさんでいるぞ。」
人形くくぅ「新種のアトラクションだろうか。
こくまくくぅ「チップでも渡せばいいのか・・・」
エアー・K「袖触れ合うも他生の縁と申します・・・
人形くくぅ「おかしいでしょ、ここは君の席じゃあ・・・
エアー・K「いえ! いいんです! エアー・K、と申します。
こくまくくぅ「また、派手な名前だなあ。迷子なのかなあ・・・、無下にもできないし・・・」
人形くくぅ「・・・これはアメージング・ストーリーなのか?
エアー・K「物語、とはなんでしょう?
こくまくくぅ「え?」
エアー・K「物語です。物語とは、秩序だったストーリーです。秩序だった、筋の展開⇒目的地、という、説話論的な持続の形式なわけです。
人形くくぅ「はあ・・・
エアー・K「そうした形式(枠組み)で、人生や歴史の出来事を、整理して、統一的なまとまりへと回収する、のです。
こくまくくぅ「そうだな。共有できる、公認の語り、をつくりあげて、秩序だった合意を形成するわけだ。」
エアー・K「そうです。他方で、個人の思い入れは、というか、個々の主体の欲望は、そうした物語とは、必ずしも両立しません。支配的な公的物語を受け入れたうえで、あえて、また別の物語を作ったりします。
人形くくぅ「でも、それも、結局、物語だ。反抗の物語とか・・・。
エアー・K「その通り。だから、説話論的な持続に抗うような、あるいは、無関係なような、断片的なもの、への注意や固着を、欲望はもたらすようになります。
こくまくくぅ「なるほど。ま、無意味なものへの執着とかね。」
エアー・K「外からの説明(物語化)を必要としない、断片的なものに、意味がそれ自体においてあるかのように見えてくること、が、欲望の効果です。
人形くくぅ「確かに、欲望の対象はとらえにくい。
エアー・K「つまり、主体性の空虚を埋め合わせるための、その相関物は、公の物語空間にはない。
こくまくくぅ「非公認の何かしかない、わけだ。」
人形くくぅ「だから、非公認キャラがウケるのか! きゃっは~
エアー・K「常軌を逸した対象への、常軌を逸した執着、であればあるほど、本当の自分に相関するものとして、欲望の対象となりる。
こくまくくぅ「うん。」
エアー・K「だから、結局、社会的機構からの諸要求は、そうした無意味な細部へと、人が固着しすぎないこと、なわけです。
人形くくぅ「酔狂への執着もほどほどに・・・と。
エアー・K「では、なぜ、そうなるのか?
こくまくくぅ「というと・・・」
エアー・K「物語とは、要するに、万人向けの客観的な世界観、です。それは、偏った主観的な視点を排した、ものです。つまり、完全に部外者の、完全に傍観者の、空っぽの視点、であるほど、万人に共有されるわけです。だから、主体の欲望とは、そうした、空虚な視点たる主体性にこそ、対応しているわけなのです。
人形くくぅ「公の空間では、自分を空っぽにしているわけだ。
こくまくくぅ「その補完的な、穴埋め作業が、欲望なのか。」
エアー・K「大枠の客観的世界から、漏れ堕ちるような、取るに足らぬ細部に、興味や関心を示すことこそ、欲望です。
人形くくぅ「マニアックな世界は、日常的な見方からは過剰な、細部への固執だ。
エアー・K「共有物である物語の普遍的妥当性、を、いかに、精妙に裏切るか、が、文学の言葉であったり、科学の難解な言葉であったりする、のも、そうしたわけです。
こくまくくぅ「なるほど。で、この不可解なアメージング・ストーリーの終わりは?」
人形くくぅ「突飛などんでん返し、だ。そうした物語は、意外な結末、に決まっている。・・・あ、わかったぞ。エアーK、架空の子供だ! よく見たら、子供の顔は、お面じゃあないか!
こくまくくぅ「あ、お面をはずしている! その下は、・・・はっ、ミニくくぅだ!」
人形くくぅ「なんだ、すっかりだまされたよ・・・、ははははは。
b0219835_1818691.gif

b0219835_129207.jpg



b0219835_1295396.jpg

b0219835_12102225.jpg
ラーメン 650円

こくまくくぅ「今日は、1時30分くらいのラーメン。やはり、朝一より、スープ感は、こってりし、生姜の香りもやや強い。時間帯によるスープ状態の変化は、多少あるよう、かな。これはこれで、うまい。ガツンとくる、というか。」
人形くくぅ「朝一は、すがすがしい感じだ(笑)。午後は手練れのようになってくる、かな。どちらも、食べたい、ところだ。
こくまくくぅ「さて、どうも、一直の記事には、豚清湯スープくくりで、一品香(栃木県)の名前がよく出てくるので、そろそろ、行ってみようか(笑)。まあ、冬の間は、雪が嫌なので内陸にはあまり行かないんだけど、そろそろ暖かくなってきたし。佐野系なのかな。ここのところ白河や佐野などの手打ち系にあまり興味がなくなっているのでなんとなく、二の足を踏んでたんだけど。みんないいって言ってるし。」
人形くくぅ「遠いし。行きにくいんだよね。でも、評判はいいようだ。
こくまくくぅ「まあ、すでに、この一直の、精度の高い豚清湯なので、つけ麺もない、田舎っぽい雰囲気がなあ、というところでもあるんだけど、どうも、白河や喜多方でも、つけ麺がないことが、やはり、ラーメンにも、ある種の足りなさ、の烙印となっている気がする。ラーメンとつけ麺の同時進行は、意外と、つくり、の上で、感性的に、スタイリッシュな側面に重大な影響があると思うんだけどね。最近、素朴なノリがなんとなく苦手でね。」
人形くくぅ「まあ、つけ麺とラーメンのワンセットが、一番よくわかるパターンだ。ここや、ことぶきや(水戸)やとみ田みたいに。東京だと、当たり前の感じなんだけど、地方ではつけ麺は、いまひとつ、のようだよね。
こくまくくぅ「まあ、でも、天高盛(喜多方)の例もある。天高盛も、上のような私的な思い込みで、つけ麺もない、喜多方をずいぶん長い間はずしてたんだけど、その間に、見落としてしまった、驚愕店だった。まあ、ついで、と言っちゃあなんだけど、肉感で食べさせる天高盛の肉そば形式は、自分の中では、一直と結びついて、ここが、チャーシューでなく、この肉感形式をやったら、かなり、衝撃的ヒットになるのではないか、と妄想しているので、ちょっと挙げておこうか。↓写真。」
b0219835_16354025.jpg

ミニくくぅメモ「一日50食しか作らない、ので、11時開店なのに、人が並んでると10時30分くらいに開店し、なんと、11時ちょいくらいには閉店してしまうのも目撃した、驚異の店だ。無化調で、最低限の味つけが絶品なんだけど、味が薄いことでも驚異的かもしれない。そのため、開店当初は、こんな味のないもの食えるか、と言って帰った客が続出だったそうだ。しかし、肉や麺など、素材のうまみを存分に活かし切った味わいは天才的なので、理解あるファンを確実に増やしている模様。理解できそうな人だけ、直行すべき名店だ。


こくまくくぅ「まあ、一直は、普通にチャーシュー、という、ラーメンの形式美へのこだわりもあるかもしれない。しかし、近年、、のつかみ、で、食べさせる店は強い。ラーメンのうまい店がある、と言うより、すごくうまい肉そばの店がある、と言われると、俄然興味深くならないだろうか。」
人形くくぅ「なります(笑)。肉がすごくうまい、は、引き、だ。人が集まるよねえ。
こくまくくぅ「最近、こてこて白湯の活龍も、なんと、清湯で勝負に打って出た、らしい。喜元門も直火焼きチャーシューメンを出す。活龍の清湯には腕肉チャーシューとのこと。確か、直火焼き、も腕肉だ。おもしろいことになってきた。肉ブームになるかも。」
人形くくぅ「今や、いよいよ、清湯肉そば、か、というところだ。
こくまくくぅ「まあ、とにかく、一直のスープや麺は素朴派ではない。スタイリッシュな極めつけのような洗練されたスープと麺だ。これは、もう、文句ないだろう。ただ、チャーシューは、それに比べると、やや、普通においしい、だ。バランス的にそれでいいのかもしれないけど、これで、肉が爆発したら、ヤバい、だろう。」
人形くくぅ「まあ、スープも麺も、まだ、時間か日かわからないけど、多少のブレがある。高水準の上でだけど。でも、スープは、いつでもうまいけど。通底するとろっとしたうまみ感がすごい。
こくまくくぅ「ここの自家製麺は、食感が、ここのところで、ぐっとよくなった。前回がよく、今日もいい。熟成感かな、ねっちりしている。」
人形くくぅ「微妙な醗酵的なにおい、もあるかも。
こくまくくぅ「最初、麺の表面にだけ、スープがしっとりと滲みている。それが、チュルッとしているんだけど、その内側の芯部は、ふがっとした感じ。この複数層を噛みしだく時の、弾力的抵抗感の深い満足感が魅力だ。」
人形くくぅ「この噛み応えの深い弾力が、高い満足感を生み出す感じが、最高潮かもね。
こくまくくぅ「この芯部がふがっとするような感じは、日和田製麺所(郡山)やくさび(郡山)などの、自家製麺にも似た食感がある。ちょっと独特に気持ちいいうまい感触なのだ。そっくり、ではないけど。」
人形くくぅ「自家製麺に特徴的な触感のいいところをびしっとキメている。このシャープさは手打ち麺にはないんだよね。
こくまくくぅ「麺がスープを吸って仕上がり、完成するので、スープとの相性の詰めももちろん、さすが、の感じだ。スープと麺の歩み寄りで作らないと、できないだろう味わいだ。」
人形くくぅ「切り離せない車輪の両輪だ。
こくまくくぅ「肩ロース肉のチャーシューもやわらかく、しっとりしていて、ウマくなっている。ここ数回でも微妙に違うかな。チャーシューという美学もわかるんだけど、最近、スープに溶けだす三枚肉の肉感のよさもあらためて流行ってきている感じだ。そこに合わせた豚清湯に、その肉感、もここが手掛けたらすごそうだ。」
人形くくぅ「めちゃめちゃウマい、モノができそうだよね。メンマもうまい。ネギもうまい。シンプルな構成は極上だ。

b0219835_12105145.jpg

b0219835_1211176.jpg
つけそば醤油 700円

こくまくくぅ「まあ、とにかく、今や、つけ麺の感性はラーメンに、必要不可欠だろう。ラーメンとつけ麺のコンビネーションがあるかどうかは、一つの目安だ。もちろん、そこに十分に自覚的なので、表の看板のようになっているはずだ。」
人形くくぅ「自家製麺とね。
こくまくくぅ「自家製麺は、はじまって1年くらいになる。実を言って、ここの自家製麺は、当初からうまいし、それ以上にポテンシャルの引きが期待できているんだけど、正直、いろんな意味で、ちょっとだけ、かたさがある、気もしていた。トータルでうまい中での話だ。でも、ここに来て、それがとれたかもなあ。」
人形くくぅ「鶏清湯は、細麺だったから、また違って、あれは、パーフェクトな感じだった。
こくまくくぅ「豚清湯ラーメンの中太麺がよくなったのと同じくして、この、つけそばの太麺も、しなやかぬっちり感が増して、ぐっとよくなった。ここ数回でせり上がった感じだ。味も、シンプルに穏やかになったような。」
人形くくぅ「くどさが消えて、しなやかな弾力感になった。
こくまくくぅ「結局、つけ麺は、特に、麺を噛んでいる時の感触の満足感の高さが、決め手だろう。その最大値をはじき出しつつある。たとえば、道(亀有)やことぶきや(水戸)もとみ田(松戸)も活龍(つくば)もそうだ。周囲から徐々に未知の核心を攻めて、その絶品の感触ポイントの範囲を狭めつつある感じだ。弾力が深いのだ。そこが、勝負どころだろう。これは、製麺所の麺では知らない食感だ。自家製麺店が、日々、手探りで、正確無比に追いつめている感じだ。」
人形くくぅ「そこがなにより醍醐味だ。太さも、極太でなく、中太になってきている。そのしなやかな弾力が、肥えたあごに、強烈なインパクトを与えているのだ。
こくまくくぅ「あとは、つけダレだけど、これも、申し分ない、パンチのあるうまさだ。」
人形くくぅ「つけダレと麺を別々に考える店はやはり、弱い。有機的なすり合わせが不足する。
こくまくくぅ「つけダレは、甘さが強烈だ。たぶん、経験的に思うに、清湯で甘くないと、冷えてきた時に残飯めいてくるんだよねえ(笑)。言葉は悪いけど、冷えた残りもの、みたいな雰囲気になりがちというか。ところが、甘いタイプだと、ゴージャス感が持続する。ダレないし、味わいも優雅さが保てる感じだ。」
人形くくぅ「途中での温め直しはよくないね。熱⇒冷の間をゴージャスに魅せる、ことこそ、技術、だし、つけ麺のうまさだ。
こくまくくぅ「ずっと、熱くても気持ち悪い。だんだん冷えながら、ちょうどいい落としどころをもって冷えて終わるのが美しい。少々衝撃的なほど甘いけど、これは、うまさのテクニックだ。最後まで、ちゃんとうまい。」
人形くくぅ「一度クセになると、甘さがたまらないしね。また、ひき肉入りの豚清湯にすごく合っているし。
こくまくくぅ「この、ラーメンとつけそばの相互関係も味わいだ。感性領域が違ってくる。これ、食べ手も、同時進行だと思うけどね。」

b0219835_1212261.jpg

[PR]
# by dasenkadasenka | 2014-04-08 18:14 | 水戸市