やまりすがたべるもの

dasenkakc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:北茨城市( 2 )

長浜ラーメン あづま 北茨城本店

住所 茨城県北茨城市関南町仁井田522-1
TEL 0293-46-3102
営業時間 11:30~15:00 17:00~23:00
定休日 火曜日
P あり
21:00まで禁煙

閉店しました


ぱとりっす「博多ラーメン、かつや(高萩)へ行ったら、限定15食の豚骨つけ麺が終わってしまっていたので、食べずに店を出て、急遽、隣町の(?)長浜ラーメン、あづまへ来ました。」
なたりーす「福岡ラーメンと長浜ラーメンの違いがよくわからないなあ。今まで、あまり気にせずに、ただ、とんこつラーメンとして、なにげにいただいてきたけど、実感として何かかわりがあるのか、さっぱり、わからない。」
ぱとりっす「まあ、極細麺のとんこつ100%が、長浜のようで、それに比べると、博多は、麺、スープに、いろいろな幅があるようなのだけど、結局、よくわからない。」
なたりーす「わからなくてもいーし。八王子や世田谷の八幡山に、長浜ラーメン、っていう店名のお店があるけど、とんこつだけど、麺もスープも長浜らしくない感じだ。長浜という名字の人の店だという噂さえある。しかも、両店は、内容的も、だいぶ違う。」

b0219835_15233426.jpg


ぱとりっす「さて、券売機の前での、一瞬の勘違いにより、節骨ラーメンなるボタンを押したが、勝手に、関節+骨的なイメージを抱いてしまったのだけれど、すぐ後で、かつお節+豚骨であることに気付いた。まあ、いいんだけど。」
なたりーす「券売機だと、よく考える余裕がないので、不本意にも、つい押してしまった的な事件が起こりがちだ。」
ぱとりっす「目当てを考えていたのに、文字の上で目移りして、一番目のボタンや、おすすめと書かれたボタンを、ひかりの点灯した機械相手の奇妙な切迫感の中で、つい押してしまいがちだし。」
なたりーす「何かとあせって混乱しがちだ。券売機を嫌いな人がいるのは頷ける。席について一息ついてからだと、落ち着けて、間違いが少ない。」

b0219835_15215127.jpg
b0219835_15222661.jpg
長浜ラーメン 600円

ぱとりっす「店主さんは、本場、長浜で修業したそうで、屋台の味を再現したい、と書かれているので、まあ、間違いなく、長浜ラーメンではあるのだろう、とは思うけど、かなり、意外なほど、あっさりしていて、豚骨臭は、ほとんど、というか、まったく、ないね。」
なたりーす「先ほどの、かつやは、店内がすでに、かなりな豚骨臭だった。それを嗅いだあとなので、若干、物足りない気もするけど、おいしいし、おもしろい感じだ。」
ぱとりっす「麺も、バリカタにしたのだけれど、やわらかい。麺自体が、コシの弱いタイプのようだ。ちょっと、はじめてのような、コリコリ感の希薄な、かわった麺だなあ。」
なたりーす「ハリガネの上の硬めの最上級が、粉落とし、ではなくて、生、となっているのが、おもしろいなあ。」
ぱとりっす「麺も、穏やかな感じだし、スープも、マイルド、ライトな、あっさりめ、で、万事、あっさりが、特徴のようだ。こういう長浜は初めてだ。」
なたりーす「とんこつスープも、店により、いろいろだよね。茨城で流行りの白湯スープのような感じだ。よく考えたら、とんこつってパイタンだよねえ。」
ぱとりっす「文太(水戸)などは、鳥だけでなく豚骨も使って白湯をつくっているしね。」
なたりーす「鶏と豚の違いはおいといて、ことぶきや(水戸)、久ノ屋(いわき)、くさび(郡山)、などのつけ麺の割スープは、乳白色のライトな白湯だけど、あの手の、さらっとしたミルクのような味わいのスープが、そのままラーメンスープになっている、という感じだ。」
ぱとりっす「品のいい、あっさりクリーミーで、おいしいんだけど、割スープで出てくるベースのスープだけでは、ものたりないだろうな、という感じだから、普通、いろいろとくどい味つけをしていくんだけど、それをせずに、そのままで実現している感じで、ある意味では個性的で、さらっと感が好感持てるような感じだ。」
なたりーす「あざとくなく、くどくないし、とんこつ臭くもない。長浜は、どとんこつだ、という、自分の中の認識は、ちょっと崩れたなあ。ますますわからなくなる。」
ぱとりっす「どろくさくない、上品なとんこつラーメンだね。」

b0219835_15241087.jpg
b0219835_15243895.jpg
節骨醤油ラーメン 650円

ぱとりっす「さて、節だけど、魚粉臭くないのでよかった。いやみのない、言われなければ気付かないかもしれないくらいに、軽くかつお風味がしている。見たところ、粉っぽい感じは見えない。」
なたりーす「だいぶ前の話だけど、上の長浜ラーメンで、初めて、だと、思うけど、魚介とんこつをいただいて、えらく驚き、衝撃的に感激したことがある。魚粉だったか、だしだったか、よくおぼえていないんだけど。八王子は、大勝軒みたいだった気もするけど、かつおの節粉が多めの油に浮いていたんだったけかなあ。八幡山は、家系みたいなダブルスープだったかなあ。」
ぱとりっす「これは、まあ、そういう流れの延長上にあるような感じだね。思えば遠くへ来たもんだ。」
なたりーす「さらっとした、上のと同じ、ライトなとんこつスープに、かつお風味で、やはり、かなり、あっさり感がある。ここは、おだやかな風味を身上としているようだ。」
ぱとりっす「こちらは、太麺で、家系風豚骨魚介というノリのようだ。太麺は、まあ、普通な感じで、かわったところはない。さらっとたべやすく、おいしい。」




(博多派それとも長浜派? ぱとりっす なたりーす)
[PR]
by dasenkadasenka | 2012-02-13 18:02 | 北茨城市

ラーメン利尻 (りしり)

住所 茨城県北茨城市中郷町上桜井1593
電話 0293-42-6988
営業時間 平日11:00-14:30 土日祝11:00-15:00
定休日 木曜日
P 店舗前15台ほど
禁煙




b0219835_1524491.jpg



北茨城市で人気のお店 自分の課題店となって10年 やっと行くことができました

国道6号沿いはまだ震災の名残がありました 心よりお見舞い申し上げます










b0219835_15275229.jpg
b0219835_1528811.jpg


とんこつ正油ラーメン こってり 650円


背脂を入れてもらいました
豚骨臭もなくやさしいお味 
多めのもやし 多めのシナチク やわらかチャーシュー ゆで卵半分 海苔のトッピング
麺は とんこつに合わされているのがめずらしい黄色ストレート











b0219835_1531980.jpg
b0219835_15312549.jpg


とんこつ塩ラーメン 650円



素直に楽しめる おいしいスープでした
こちらは店名にもなっている「利尻昆布」が堪能できると思います





ごちそうさまでした
[PR]
by dasenkadasenka | 2011-05-14 15:33 | 北茨城市