やまりすがたべるもの

dasenkakc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:常陸大宮市( 5 )

中華 めん吉

住所 〒319-2264 茨城県常陸大宮市栄町1315
電話番号 0295-52-1788
営業時間 11:00-14:00/17:00-21:00
定休日 木曜日
喫煙 可
P あり



かえるるる「店の周囲をよく見ると、国道118沿いの大きなスーパーのすぐ裏手で、なかなかの好立地なんだなあ。」

b0219835_15313174.jpg


りす吉「静かな午前、店に入ると、年配の常連さんが、一人カウンターでのんびりとした憩いの時をすごしている。後から来た、数人のお客さん、それぞれが、お馴染みさんのようで、店主さんご夫婦と、ちょっとした世間話をかわしている。」

b0219835_1534172.jpg


かえるるる「きゃらぶき、と言って、おかみさんが出してくれた。ふきの含め煮だ。じつによく、というか、うまく、味が浸みこんでいて、うまいなあ。うまみが、完全に奥まで染み込んで、馴染み、落ち着いた味になっている。」
りす吉「こなれた味だ。こんなふうに、なかなかできないんだよねえ。」

b0219835_15335990.jpg
b0219835_15343153.jpg

b0219835_1536448.jpg
焼きソバ 平打ち極太麺 スープ付 600円

かえるるる「やきそばを、極太麺でいただいた。純粋にソース味で、ウスターソースのようだ。味的には、まあ、おっとなしく、普通においしいソース味、で、特に変わったところはない。」
りす吉「まあ、極太麺のやきそばが食べたかった、のだれけど、極太麺が、期待していたより、ちょっとやわらかめだ。見た目には、迫力満点なのだけれどね。」
かえるるる「前回、カレーラーメンで、極太麺をいただいた時の、がっしりした歯応えがないねえ。前回の話ついでの余談だけど、よく見たら、メニューにちゃんとカレーラーメンって、書いてあったなあ。うかつでした。」
りす吉「茹でたて、ではなくて、一度茹でた極太麺を、さらに、炒める段階で、ソースと野菜から出る水分とを吸ったために、のびたのかな。やはり、手間取る分、麺がやわらかくなってしまうのかなあ。」
かえるるる「まあ、がっしりした歯応えを期待したので、その分は、ちょっと残念、というところだ。」
りす吉「時短対策で、極太麺といっても、平打ちにしてある。ゆであがりがはやい、のだろうけど、ということは、表面積が大きい分、のびやすい、ということでもあるのだろうね。焼きそばは、かたい麺でないと歯応えは難しいのかな。」
かえるるる「もやしがね、入るとどうしても水気が多くなるからなあ。ソースも濃厚どろどろというタイプではないし。」
りす吉「ていねいに、たっぷりのスープ付だ。味噌味で、酢が入っているので、さっぱり味だ。」

b0219835_15351755.jpg
b0219835_1535502.jpg
味噌ラーメン 細麺 600円

かえるるる「味噌ラーメンは、細麺でオーダー。どんな細麺かためしてみた。もっちりタイプで、うまい。味噌には、太めの麺、という気もするけど、この細麺、細いけど、弾力というか食感が、中太麺みたいな感じで、味噌ラーメンの麺としても、悪くない感じだ。」
りす吉「細くて、コリコリというかたいタイプではない。味もまろやかで、やさしい感じの味わいだ。茹で方も、やや、やわらかめなのかな。」
かえるるる「もう少し、かため、のゆで加減でもいいかなあ。しかし、自家製麺ならではの、くどさのない、まろやかさで、ほのぼのした、あたたかみのある味わいだ。」
りす吉「ほっとする、というかね。すれてない、ほんわかうまい味の麺だよだね。味噌スープは、すっきりしている。ちょうどいい濃さで、キレがよい。特に特徴的なクセはなく、のどごしがよくて、すんなり食べられる感じだ。」
かえるるる「まあ、そつなくおいしい、オーソドックスな味噌ラーメンだね。麺の太さをかえて、いろいろな表情で楽しめそうだ。」


b0219835_16433548.png

[PR]
by dasenkadasenka | 2012-05-25 16:47 | 常陸大宮市

肉そば肉めし 富士雄

住所 茨城県常陸大宮市野田1522
電話 0295-55-4255
営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00
定休日 無
P あり
禁煙



やまねこ「うーん、今日は異変が・・・」
ふえふきどり「確かに、ちょっとへんだなあ。」

b0219835_15583863.jpg


やまねこ「ブレというか・・・」
ふえふきどり「味が変わったのか・・・」

b0219835_155994.jpg
b0219835_15593273.jpg
肉そば 700円

やまねこ「見た目からして歴然と違う。前に同じものをいただいた時には、背脂がたっぷりで、表面を覆っていた。今日は、背脂が限りなくさびしい。あのゴージャス感がない。」
ふえふきどり「申し訳程度の背脂だ。その分、前回いただいたネギラーメンのように、ラードというか、チャーシューの脂のような浮き油がたっぷりで、匂いも似たような、ややくどい、甘ったるい肉っぽい匂いで、背脂の上品なあっさり感ではない。」
やまねこ「見た目表面だけでなく、味も違う。ちょっとゆるいというか、シャープな感じがない。何より、麺が白っぽく、細くなったような感じで、ごわっとしたような、ちょっと硬質の歯応えがなくなっているなあ。」
ふえふきどり「えぐち(三鷹)の麺を思い出すようだ、と前に書いたけど、これだと、前言撤回だ。」
やまねこ「前は、蕎麦みたいな食感だ、と書いたけど、今日のは、歯応えが弱く、やわらかくて、ひやむぎみたいな感じだなあ。」
ふえふきどり「茹ですぎたのか、それtも、麺自体が変わったのか。もう少し、小黒いというか黒いt粒々が見えていたような気もするんだけど。」
やまねこ「気候が変わって、麺に影響したのかなあ。こういうブレがあるところが、つまり、一定の品質管理が、自家製麺のむずかしいところなのかなあ。」
ふえふきどり「その点、製麺所は、年中、安定しているのだろうね。その分、機械的な、画一的な感じにもなる、というかね。」
やまねこ「背脂の量も、だけど、何より、麺の変化がショックだなあ。」
ふえふきどり「今日は、はじめて、奥さんと思しき人がいて、その人が調理したかもしれないので、それもあるかな。作り手が変わると、味が変わることはよくあるからなあ。」
やまねこ「いずれにしても、集中力が途切れた、という感じかなあ。バランスが変調をきたしているような。イメージが、だいぶズレる感じだ。醤油スープの味も、違う感じだなあ。」

b0219835_1601368.jpg
b0219835_1603659.jpg
みそラーメン 700円

やまねこ「味噌ラーメンも、同様の感じだ。背脂は少少ないし、味噌自体の味も、かなり、あっさりだったのが、少し濃くて、味も普通っぽくなった感じだ。味噌も、ここのところの暑さで、熟成が進んだりしたのかなあ。だいぶイメージが変わった感じだ。」
ふえふきどり「まあ、さわぐほどのこともなく、ラーメン店の味が変わるのは、よくあることだけどね。変わった方がいいという人もいるだろうし。」
やまねこ「本当に、味内容が変わることは珍しくないよね。わずかな変化でも、けっこうイメージ的には別物になることはある。食べ手は、かなりショッキングなんだよねえ。まあ、水ものと思って、受け流す他はないんだけどさ。変わると、次回行くのが、冒険になってしまう。」


b0219835_1736468.png

[PR]
by dasenkadasenka | 2012-05-24 17:41 | 常陸大宮市

肉そば肉めし富士雄

住所 茨城県常陸大宮市野田1522
電話 0295-55-4255
営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00
定休日 無
P あり
禁煙



りすれんじゃー(醤油)「おもしろい醤油ラーメンの店を見つけたなあ。」
りすけ「店の前で、耳をすませば、なか川のせせらぎが聞こえてくるかもしれない。ほらね。」
りすれんじゃー(醤油)「川のすぐ近くだからね。」
りすけ「街から離れた分、いつもと違った雰囲気の中で、ラーメンをすするのも、一興という感じだ。」

b0219835_15164123.jpg


りすれんじゃー(醤油)「クリスマスの飾りつけが、入口だけでなく、店内にも残ったままだ。夜には電飾が光っているのだろうか。」
りすけ「この季節外れの感じが、なんとなくユーモラスで、おもしろいといえばおもしろいなあ。」
りすれんじゃー(醤油)「ほんの少しだけ、日常からズレるような、ちよっと風変わりな小暗い空間も、魅力の一つかな。」

b0219835_1635066.jpg
ラーメン+辛ネギ
b0219835_1654860.jpg
ラーメン 500円

りすれんじゃー(醤油)「今日は醤油ラーメンをいただいた、のだけれど、単純なケアレスミスをおかしてしまった。辛ネギラーメンについてきた小皿の辛ネギ(刻みネギと豆板醤)を、うっかり間違えて、ただのラーメンの方に載せてしまったのだ。だから、この写真のラーメンから、刻みネギと豆板醤を取り除いたものが、本来のラーメンの姿なのです。」
りすけ「実は、一瞬、二つのラーメンが同じものに見えてしまった、ので、取り違えて交差してしまった、のだけれど、よく見ると、ラーメンの方は油浮きがなく、辛ネギラーメンの方は油浮きがある+チャーシューが多く入っている、ので、違うものだったのです。」
りすれんじゃー(醤油)「要するに、同じ醤油ラーメンだけど、ラーメンはあっさり、辛ネギラーメンはこってり、になっているわけだ。辛ネギラーメンと同じ値段で、煮玉子ラーメンというのがあるから、きっと、それも、こってり仕様なのだろう。」
りすけ「だから、ここの醤油ラーメンは、都合、3種類というか3パターンあり、あっさり、こってり、背脂、となっているようだ。なかなか、凝っているし、いろいろ楽しめておもしろいなあ。」
りすれんじゃー(醤油)「ラーメンは、油浮きなしのあっさり、で、じんわりとうまい、感じだ。」
りすけ「ちょっと、蕎麦的な雰囲気もある。」
りすれんじゃー(醤油)「濃厚スープ一点張りで食べさせる店が多いけど、そして、あっさりスープがあると凡庸な感じが多いきがするけど、そんな中、貴重な、希少な、個性的なうまさのある、ラーメンだ。」
りすけ「ただのラーメンは、なんだか、ますます、今はなき、三鷹の名店、えぐち、を思い出すようなラーメンだ。そっくり似ているわけではないけど、なんとなく、ノリが似ているなあ。」
りすれんじゃー(醤油)「えぐちは、カウンターのみの店ながら、日曜の昼間ともなると、近所のおとうさんたちが、ラーメンの前に、ビールを飲んで、ちょっとのんびり憩いの時を過ごしていたなあ。固定ファンはそうとう多かったはずだ。ここは、ちょっと、えぐちを思い出すような味ですよ。」
りすけ「と言って、果たしてここまでくる人がいるかどうか。」
りすれんじゃー(醤油)「で、じんわりと奥深い、シブい醤油スープに、おもしろい食感の自家製麺なんだけど、ちょっとうっとりしていたら、後半は、豆板醤が溶けてきて、だいぶ、趣が変わってしまった。」
りすけ「やはり、豆板醤が支配する味になってしまうね。」
りすれんじゃー(醤油)「実は、豆板醤をラーメンに入れるのは、あまり好きではない。唐辛子玉も同様だなあ。ひさびさに、入れてしまったけど、やはり、そのままの方がよかったかな。それなりに悪くはないんだけど、辛子風味はくどいんだよね。」
りすけ「まあ、いうまでもなく、好み、だね。値段も美しい。ラーメン500円、というのは、なんか、しっくりくるんだなあ。」

b0219835_166721.jpg
ラーメン-辛ネギ
b0219835_1662196.jpg
b0219835_1663629.jpg
辛ネギラーメン 700円

りすれんじゃー(醤油)「不覚にも、辛ネギなし、になってしまった、辛ネギラーメンは、浮き油多めの、こってりで、これもうまい。じんわりとうまいスープに、チャーシュー由来のような脂の甘みが加わり、なかなかいける。少しごわっとした感じの麺は、前回より、つるっとしているようにも感じられるかな。」
りすけ「まあ、メニューを、あっさり、こってり、背脂、と表示してあれば、とてもわかりやすいところだ。辛ネギと煮玉子はトッピングでね。でもまあ、いろいろと計算もあるのかもしれないけど。」
りすれんじゃー(醤油)「まあ、でも、この3パターンの食べ比べは、けっこうおもしろいね。いろんな表情で楽しめる。ラーメンは、素朴な感じながらうまい。背脂の入った肉そばは、やはり、ゴージャス感がある味わいだ。あと、炙りチャーシュー麺というのがあるんだけど、だから、ひょっとして4パターンあるのかもしれない。」
りすけ「実は、チャーシューはあまり得意ではない、ので、ふだんは、チャーシュー麺は、ほとんどたべないんだけどね。肉めしも、うまそうで、食べてみたい気もするけど、まあ、同様の理由で、ちょっとね、迷うところだ。」
りすれんじゃー(醤油)「肉めしハーフがあるといいんだけどなあ。」





b0219835_1681488.jpg





b0219835_1864269.png

[PR]
by dasenkadasenka | 2012-04-29 18:13 | 常陸大宮市

中華 めん吉

住所 〒319-2264 茨城県常陸大宮市栄町1315
電話番号 0295-52-1788
営業時間 11:00-14:00/17:00-21:00
定休日 木曜日
喫煙 可
P あり



ラーメン戦隊りすれんじゃー(太麺)「ぼくは、ラーメン戦隊りすれんじゃー(太麺)、だ。よろしくね。」
りすけ「へえー、かっこいい。」
りすれんじゃー(太麺)「隊員は、いっぱいいるよ。(細麺)(中麺)とか、それに、(醤油)(味噌)(塩)(豚骨)(パイタン)とかね。」
りすけ「いくらでも増殖しそうだね。え? ぼく? ぼくは、ただの、りすけ、だよ。」

b0219835_1425157.jpg


りすれんじゃー(太麺)「自家製麺、との噂を聞いてやってきました。めん吉、って、チェーン店と間違えられそうだけど、ここは、単独のお店、だと思うけど。」
りすけ「感じのよい、ご年配の店主さんご夫婦がきりもりしている、常連さんの多そうな感じのお店だ。」
りすれんじゃー(太麺)「地域密着型、地元の人たちに愛されている感じだ。取材拒否らしいけど、ご近所の常連さんを大事にしているということなのだろうなあ。」
りすけ「マスターと奥さんは、お客さんとの会話もはずんでいる。マスターは、口八丁手八丁という感じで、手際よく調理をこなしながら、お客さんとも、二言三言、会話を楽しんでいる様子だ。」
りすれんじゃー(太麺)「マスターは、声や風貌が、ちょっとだけ、ほんこんさんに似ているかな。もっとずっとご年配だけど。」

b0219835_149542.jpg


りすれんじゃー(太麺)「注文して、待っていると、奥さんの手で、まず運ばれてきたのは、筍の煮ものだ。奥さんの手製のようだ。これが、実にうまい。」
りすけ「じんわりとうまみのある、なんとも味わい深い、いい味だ。」

b0219835_1493398.jpg


りすれんじゃー(太麺)「ついで、マスターが、コリコリ感のうまい、鳥のナンコツ(ヤゲン)のニンニク風味の煮ものを出してくれた。これもうまい。」
りすけ「これは、酒好きの常連さんのために作った、つまみ、を、別の常連さんに出して、味見してもらっているところに、たまたま、居合わせたために、こちらにも、振る舞ってくれた感じだ。それを運んでくれた奥さんに、筍の味をほめたら、たいそう喜んでいる様子で、なんと、もう一品、出てきた。」

b0219835_1495774.jpg


りすれんじゃー(太麺)「それが、この、おから。いやはや、これも、年季の入った腕前という感じの、味わい深い一品だ。ちょっと、食べたことないような、さすがという感じの、一味違う、こなれたうまさだ。」
りすけ「まあ、ちょっとこんでいたので、お待たせのお詫びの意味もあるのかもしれない。」
りすれんじゃー(太麺)「それにしても、サービスいいなあ。田舎では、時折、こんな感じで、小鉢の小料理を出してくれるところがあるよね。会津の田中屋でも、わらびなどを出してくれたなあ。会話と同様の、コミュニケーションの一環という感じかな。楽しい。」

b0219835_1441090.jpg
b0219835_1442566.jpg
ラーメン 中太麺 450円

りすれんじゃー(太麺)「メニューに、自慢の自家製麺、とあり、極太麺、中麺、細麺、から、選べるようになっている。で、ラーメンを中麺で。この中麺が、なかなかうまい。」
りすけ「醤油スープは、オーソドクスな感じの、おだやかなうまさだ。ポークだし、かな。」
りすれんじゃー(太麺)「特に、クセのある感じではないね。ほっとする感じだ。そこで、中麺が、活きている、感じだ。機械的に揃った、黄色っぽい麺だ。独特にもっちりしていて、かなりうまい、だけでなく、個性的で、ちょっと、似たようなものを食べたことない感じだ。まあ、実際にも、世界に一つ、の、オリジナルなんだろうけど。丸くて、つるっとして、いやみのない、中太らしい歯応えが楽しめる。」
りすけ「大勝軒系に、ちょっと似た感じの中太のラーメンだね。素直にうまいし、充実感がある。この麺で、ぐっとハイクオリティになる感じだ。」
りすれんじゃー(太麺)「チャーシューもおいしいね。この満足度で、この値段は、すごいなあ。」

b0219835_1454282.jpg
b0219835_1455626.jpg
カレーラーメン 平打ち極太麺 600円

りすれんじゃー(太麺)「なぜか、メニューにない、カレーラーメン、だが、ネットで話題に上っていたので、頼んでみた。まあ、見た目には、普通に、普通の感じのカレーが、醤油スープの上にかかった、カレーラーメンだ。そして、味的にも、まあ、オーソドクスなカレーの味であるし、スープに溶けた具合も、馴染みのある、あの味だ。でも、スープから、引きずり出した時には、おおっ、と思うような、迫力のある手打ち風の極太麺だ。」
りすけ「平打ち風で、かなり、がっしりしているね。三枚肉のたっぷり入ったカレーと醤油の溶け合うお馴染みのカレースープは、安心するうまさだし、けっこうすっきりしている。しかし、特筆すべきは、この極太麺が、かなりうまくて、また、カレースープにすごくよく合っている感じだ。」
りすれんじゃー(太麺)「もっちり、ねっちりした、極太麺の味、食感が、このカレースープとどんぴしゃりの相性の良さ、という感じだ。ちょっと、マルちゃんのカレーうどんを思わせる味わいでもある。」
りすけ「これは、この極太麺で、インパクトが大きいのではないかな。中麺だと、弱くなりそうな。やはり、この極太麺で、ぐっとハイクオリティになる感じだ。」
りすれんじゃー(太麺)「うどん、とか、きしめん、のよう、と、一口に片づけてしまう人もあるけど、歯応えがしっかりしていて、かなり食感のうまい極太麺で、気にいったなあ。おもしろく、楽しめる、カレーラーメンだなあ。他のスープでも、イケるだろうし、試してみたい。」
りすけ「いずれの麺も、食べる価値ありの、けっこう衝撃的な麺だけど、値段も衝撃的だ。この二品で、1050円、はすごいなあ。ほかのメニューも格安だ。」
りすれんじゃー(太麺)「やはり、自家製麺であることも、大きいのだろうね。素直に、うれしい感じのお値打ち品だ。」
りすけ「大進(勝田)、文太(水戸)、せんり(大甕)、とともに、自家製太麺ファン、必食の店かもね。」
りすれんじゃー(太麺)「中麺のやきそばを食べているお客さんがいたけれど、うまそうだ。極太麺でも、できるなら、次は、それを頼んでみたい感じだなあ。」


b0219835_1844530.png

[PR]
by dasenkadasenka | 2012-04-27 18:12 | 常陸大宮市

肉そば肉めし富士雄

住所 茨城県常陸大宮市野田1522
電話 0295-55-4255
営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00
定休日 無
P あり
禁煙



りすかー「前から、なんとなく気になっていたんですよね、肉そば。」
RISU「なんとなく遠そうなので、なんとなく行きそびれていたけど、今日、なんとなく行ってみた。」
りすかー「国道6号線から内陸へとひた走る。6号線から293号線、21号線、123号線、と、号数は変わるけど、なぜか、うまい具合に、ずっと直進でいける。やがて123号線沿いに、栃木県との県境の手前で、右側にこの店が見えてくる。」
RISU「実は、途中にある、御前山ラーメンの直販所が気になっていたので、そことの抱き合わせで行くことになった、という格好だ。」

b0219835_1622143.jpg


りすかー「まあ、なんとなく、場所柄、観光地のラーメン屋さん的雰囲気なのかなあ、と思っていたのだけれど、ところが・・・」
RISU「せっせと足を運ぶべき店だったかも。うまさは、なんとなくうまい、ではなかった。」

b0219835_1623478.jpg
b0219835_1624448.jpg
肉そば 700円

りすかー「第一印象は、とても垢抜けている、しゃれているラーメンだなあ、という感じだ。」
RISU「さばけている、というかね。ツボを押さえている。」
りすかー「まず、見た目からして、お、いいなあ、という感じだ。背脂がね、うまそうで、インパクトある。」
RISU「味も、やはり、まず、背脂の、甘い香り、甘い風味が、ファースト・コンタクトを印象深く決定づける。これは、いけるぞ! ってね。」
りすかー「ぼくは、すてきなあなた、が頭の中に響きましたよ。」
RISU「ついで、自家製の麺が、やってくる。軽く衝撃的な特筆すべきうまさだ。」
りすかー「なんとなくだけど、いまはなき三鷹の名店 えぐち を思い出すような麺ですよね。あれよりうまいかも。」
RISU「ちょっと硬質な、大人っぽい味わいのうまさだ。質感、食感ちょっと変わっているが、そこがうまい。うーん、しびれるなあ。ぼくは、テイク・ファイブ が聞こえてきたよ。」
りすかー「いやあ、完成度の高い、手応えのあるヒット感だ。のってきましたよ。」
RISU「さらに、スープもいい。すっきりしたキレのよさだ。」
りすかー「魚だしと肉だしですかね。かつおっぽい風味が、ほのかにしますね。でも、何かが突出しているということのない、おだやかな味わいだ。」
RISU「澄んだ醤油スープで、くどさやいやみがないね。そこに、背脂と、肉そばたるところの、何枚も折り重なって入っている、とろとろの三枚肉のチャーシューのうまみが、とけこんでいる感じで、うまさを盛り上げている。」
りすかー「チャーシューも、くせがなく、脂身は甘くてうまい。」
RISU「麺をすすれば、上質なうまみが、ずずっと、口の中に押し寄せてくる。こってり感もあるけど、キレがすぐれている。これは、相当こなれている感じのするラーメンだなあ。」

b0219835_1631267.jpg
b0219835_1632196.jpg
みそラーメン 700円

りすかー「味噌も、やはり、すっきりして、キレがよい。くどくない、さっぱりしたタイプの味噌味だ。田舎味噌風というかね。」
RISU「僕は、この味噌味知っているぞ。たぶん、自家製の味噌だ。自分でも、何度か作ったことあるので、知っている。この独得のいい香りが特徴だ。こういう薄口の味わいになる。」
りすかー「市販の味噌には、ちょっとない感じですよね。超あっさりした、味噌味感だ。醤油に似たような、液体的な感じ、というか。そういえば、この味噌スープの感じは、名店、どる屋(宇都宮)の、絶品、まこもだけ味噌ラーメンに似ているなあ。」
RISU「ああ、確かにね。薄口で、超味わい深い感じね。栃木だから、距離的にも近いなあ。奥多摩湖畔の、のんきや、も思い出すなあ。あそこは、醤油が自家製で、こういった味噌みたいな、変わった味がする。やはり、観光地的な雰囲気だし。」
りすかー「まあ、濃厚味噌ラーメンが好きな人には、間違いなく物足りないだろうけどね。ハマる人にはハマるだろうな。こんな凝った味噌ラーメンが出てくるなんて、感激だなあ。」
RISU「背脂も合っているしね。組み合わせがおもしろい。味わい深くて、じーんとくる感じだなあ。」
りすかー「若い、すれっからしのラーメンとは違う、落ち着いた雰囲気だけど、でも、新しいタイプのラーメンという感じで、古臭い感じではない。」
RISU「手堅く、年季の入った感じだけど、垢抜けている。場所とは裏腹にローカルな感じがしない、洗練された雰囲気だ。」
りすかー「次は、肉にとらわれずに、普通のラーメンをいただいてみたい感じだ。」


b0219835_1635353.jpg



(奥深いなあ りすかー RISU)



b0219835_17145298.png

[PR]
by dasenkadasenka | 2012-04-20 18:28 | 常陸大宮市